肌だけじゃないアミノ酸の効果

アミノ酸を飲むようになって、アミノ酸の重要性を感じています。

肌の調子が良いのはもちろんなんですが、髪の毛や爪が強化できたり、肩こりが減ったり疲れにくくなったりしています。

肌だけではなく体の色々なところに効くのでまとめてみました。

アミノ酸とは

アミノ酸とはたんぱく質が分解されて体に吸収できる大きさになったものです。

口から摂ったたんぱく質は、消化酵素によってペプチド、アミノ酸と言った順に分解され体に吸収されます。

さらに細かく言うと、アミノ酸は炭素や水素、酵素、窒素などの原資が結合してできたものです。

体に吸収されたアミノ酸が、必要な部分に運ばれて再結合してたんぱく質となり体を作ります。

体内の60%は水分ですが、その次に多いのがたんぱく質で、たんぱく質は体の20%を占めています。

筋肉、骨、皮ふ、髪の毛、内臓、血液、血漿アルブミン・グロブリン、脳、神経、酵素、ホルモン、遺伝子など、体の細胞のすべてはたんぱく質でできています。

そのたんぱく質を作っているのがアミノ酸なんですね。

アミノ酸の種類

自然界にあるアミノ酸の種類はおおよそ500種類ほどと言われています。

その中でも身体に必要なアミノ酸は20種類です。

20種類のアミノ酸の組み合わせや順列でたんぱく質を作っています。

その20種類のアミノ酸は「必須アミノ酸」と「非必須アミノ酸」に分類されます。

必須アミノ酸は体内で合成されないので食べ物から摂るしかありません。

非必須アミノ酸は体内で合成されるアミノ酸ですが、必ずしも取らなくて良いというわけではありません。肌のハリを出すのに必要なアミノ酸は非必須アミノ酸に多いんですよ。

体内で合成できない必須アミノ酸:9種類

必須アミノ酸
イソロイシン:血管拡張強化、筋肉強化、肝機能強化、疲労回復
スレオニン:成長促進、新陳代謝促進、肝機能サポート
トリプトファン:セロトニン生産サポート、安眠効果、精神安定
バリン:たんぱく質の合成、肝機能強化
ヒスチジン:成長促進、神経機能サポート、貧血改善作用
フェルニアラミン:食欲抑制効果、鎮痛効果、神経伝達サポート
メチオニン:抗脂肪肝作用、アレルギーの痒み抑制作用、肝機能サポート
リジン:カルシウム吸収促進、免疫力強化、酵素生成
ロイシン:たんぱく質の合成、筋肉強化、肝臓機能強化

体内で合成できる非必須アミノ酸:11種類

非必須アミノ酸
アスパラギン:エネルギー生産サポート、免疫力強化、筋肉強化、表皮細胞分裂サポート
アスパラギン酸:疲労回復、利尿作用、肝機能強化、新陳代謝促進
アラニン:肝機能サポート、免疫力強化
アルギニン:免疫力強化、血管機能正常化、脂肪燃焼サポート
グリシン:美肌効果
グルタミン:疲労回復、筋肉強化、胃腸粘膜保護作用
グルタミン酸:疲労回復、アンモニア低下作用、利尿作用
システイン・シスチン:美白作用、活性酸素排除、
セリン:保湿効果、
チロシン:神経伝達サポート、脳細胞活性化
プロリン:コラーゲン合成サポート、脂肪燃焼サポート

アミノ酸の効能

私は、アミノ酸を飲んでいると肌の弾力が増すのが実感できます。

アミノ酸は種類があって、それぞれ違う場所で働きます。

肌の弾力

肌の弾力やハリにはコラーゲンやエラスチンなどが必要ですが、その中でもコラーゲンは体のたんぱく質の25%を占めています。

アミノ酸の組合せは、3分の1がグリシンで、プロリンヒドロキシプロリンがそれぞれ約10%を占めています。

コラーゲンやエラスチンなどは肌の基盤層の下にあるので、化粧水や美容液では基底層の下まで届きません。

乾燥の為に保湿するためには化粧水や美容液は大切ですが、弾力を持たすには体の中からコラーゲンになるアミノ酸を摂るのが早いと感じています。

髪の毛や爪の強化

ケラチンという硬いたんぱく質でできています。

ケラチンの中でも多いアミノ酸はシスチンで、23%ほどを占めています。その次にプロリンチロシンが多く構成されています。

シスチンだけを摂るということはありませんが、バランスの良いアミノ酸を摂ると髪にハリがでてきますよ。抜け毛も減ります。

味としての「うま味」

人間の味覚で「甘味」「酸味」「塩味」「苦味」「旨味」があります。

この中でも「旨味」は日本で発見された味覚で、ここ数年で世界的にも話題になっています。

旨味の物質は、昆布に多く含まれているアミノ酸の中のグルタミン酸、鰹節に多く含まれている核酸のイノシン酸、干しシイタケに多く含まれているグアニル酸。これらの相乗効果で旨味が成り立っています。

グルタミン酸を含む食材は昆布以外にも多く、わかめ、お茶のは、トマト、パルメザンチーズ、醤油、味噌、トウモロコシ、ジャガイモ、マッシュルーム、ほたて、エビ、ウニ、アサリ、牡蠣、アンチョビなど、色々な食材に存在します。

また、グルタミンは胃腸などの粘膜の傷を修復して保護する作用もあります。消化管の維持に重要な役割をします。さらに記憶に関して脳にも深く関わっているアミノ酸です

化粧品

最近はアミノ酸配合の化粧品も増えてきています。

先ほどコラーゲンは基底層の下にあると言いましたが、基底層に上には表皮と呼ばれる部分があります。

その中に、皮ふの水分を保持し皮膚の乾燥を防止する天然保湿因子(NMF)という角質細胞がありますが、約40%がアミノ酸で、最も多いのがセリン、つづいてシトルリンアラニンといったアミノ酸でできています。

保水力が強く保湿剤として使われるほか、中和剤にも使用されるアミノ酸です。

筋肉や骨の合成

最近はジムに通う方も増えていて、薬局でも見かけるようになりましたBCAA。

BCAAとは、バリンロイシンイソロイシン(分岐鎖アミノ酸)のアミノ酸のことで、骨格筋のたんぱく質合成を促進する働きがあり、筋肉のエネルギー源として使われます

分岐鎖アミノ酸は、血漿の遊離アミノ酸の4割を占め、運動時に必要に応じてエネルギー源になるため持久力のUPにもつながります。

筋肉のダメージを修復しつつ疲労回復にも役立っています。

BCAAの他にも、アルギニンと言うアミノ酸は成長ホルモンの上昇を示す研究結果も出ています。その他にも循環器系の生理機能の調節、免疫機能のUPにもなります。

BCAAアルギニングルタミンなどは基礎代謝量が増えるので、太りにくくなりダイエットにも有効的です。

脳にも良い

脳のエネルギー源はブドウ糖(グルコース)のみです。

口から入ったブドウ糖はグリコーゲンになり肝臓や筋肉に貯蔵されますが、脳に使われるグリコーゲンは肝臓に貯蔵されているグリコーゲンの方です。

肝臓に蓄えられたグリコーゲンが足りなくなると、筋肉のたんぱく質をブドウ糖に変えて脳で利用します。

そのぶどう糖のサポートをするのがBCAAなどのアミノ酸です。

その中でも「プレーンアミノ酸」と言われるイソロイシン、アルギニン、フェニルアラニン、グルタミン酸、チロシンは脳の伝達情報を助ける役割があります。

海馬の細胞もアミノ酸が原料になっています。

また、DHAやアスタキサンチンなどは血液脳関門を通過できる数少ない物質ですが、アミノ酸も通過することができる栄養素です。

免疫を正常に保つ

アミノ酸は内臓疲労回復や腸粘膜の修復をすることで、免疫が低下するのを抑え正常に戻します。

アルギニンは免疫細胞の働きを強くする力があります。また、成長ホルモンの分泌を促進して肝臓の機能を強化します。さらに筋肉の細胞を活発にするのでスタミナも付きます。

グルタミンは免疫細胞を増やす働きがあります。また、胃腸や消化器系の粘膜の修復して再生する働きがあります。その他にも筋肉のたんぱく質の分解を抑えるので筋力維持にも役立つアミノ酸です。

ストレスにも強くなる

やる気が出ない、イライラするなどちょっとしたことでストレスが溜まってしまいますよね。ストレスをなくすのも大切ですが、ストレスに強くなることも大切です。

ストレスがかかると脳内でアドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどの興奮性の神経伝達物質の分泌量が増えます。

これはストレスから守っている脳内ホルモンです。その材料になるのがフェニルアラニンというアミノ酸です。

フェニルアラニンは落ち込んだ気分をやわらげやる気を出させるアミノ酸です。無気力やうつなどの改善する効果もあります。

反対に脳をリラックスさせるセロトニンという神経伝達物質がありますが、セロトニンの材料はトリプトファンというアミノ酸です。

アミノ酸が足りなくなるとどうなる?

アミノ酸は体を作るためにたんぱく質を構成します。

アミノ酸は他のアミノ酸とくっつかずに血液中にスタンバイしています。これを遊離アミノ酸(アミノ酸プール)と言います。

アミノ酸プールは、必要としている体の部位から優先的に使われていきます

しかし、たんぱく質に再構成される際に必要なアミノ酸の量が不足しバランスが悪いと、他のアミノ酸の利用率も減少してしまいます。

余ったアミノ酸は、エネルギー減として使われるか、無駄になって排出されてしまいます。

肌荒れ
抜け毛
免疫力の低下
不眠
イライラ
情緒不安定
集中力低下

アミノ酸が不足すると体力的にも精神的にも弱ってしまいます。

アミノ酸が豊富な食べ物

アミノ酸はたんぱく質なので、肉や魚、卵、乳製品に多く含まれています。

アミノ酸をの栄養価をはかるのに「アミノ酸スコア」があります。

「アミノ酸スコア」とは食品中のアミノ酸をはかる為に数値化したものですが、たんぱく質が多い食品でも、1つの必須アミノ酸の量が少なければアミノ酸スコアの数値は低くなります。

http://cp.glico.jp/powerpro/amino-acid/entry37/より参照

このように、一つでも数値が低いと他のアミノ酸も溢れてしまいバランスよくたんぱく質が合成できなくなってしまいす。

食品に含まれるアミノ酸の種類や量は異なり、必須アミノ酸のうち1つでも欠けると体の中のアミノ酸は足りなくなります。

動物性たんぱく質

肉 100
魚 100
鶏卵 100
牛乳 100
プロセスチーズ 97

植物性たんぱく質

大豆 100
精白米 65
玄米 68
ジャガイモ 73
ホウレンソウ 64
トウモロコシ 31

肉類がアミノ酸スコアは高いですが、肉ばかり食べていると同時に脂質も多く摂ることになってしまいます。

もっとも不足しやすい必須アミノ酸は「リジン」ですが、色々な食品をバランスよく食べることが大切です。

アミノ酸サプリメント

バランスの良い食事をしていることでアミノ酸は不足することはありませんが、外食、ファーストフード、コンビニ食などが多いとアミノ酸だけではなくビタミンなども不足してしまいます。

サプリメントの良い点は、特定のアミノ酸を組み合わせて摂ることで食事とは別の機能を発揮してくれるところです。

また、たんぱく質をたくさん摂るとそれを分解するのにエネルギーをたくさん使うので内臓が疲れてしまいます。また、カロリーオーバーも気になるところです。

通常たんぱく質は3~4時間で吸収されますが、アミノ酸は30分ほどで体に吸収されエネルギーになります。スポーツをする方は運動の30分前にアミノ酸を飲むと筋肉にかかる負担や筋肉疲労を減らせます。

アミノ酸の種類にもよりますが、アミノ酸は1回だけ摂取しても効果を感じるわけではなく、栄養素として働くには2週間ほどかかると言われています。

実体験ではありますが、爪や髪の毛などは生えてくるのに時間がかかるので飲み始めてから2~3ヶ月で効果を感じ始めました。

肌のハリと爪と髪の毛が強化されたアミノ酸

すっぽん小町

すっぽん小町2

コラーゲンサプリという名目ですが、すっぽんにはコラーゲンを生成するのに欠かせないアミノ酸が配合されています。

必須アミノ酸全9種を含む、19種のアミノ酸をバランス良く備えているのです。

その他、DHA・EPA・ビタミンE・鉄・マグネシウム・亜鉛・カルシウムなど 女性にうれしい栄養素をバランス良く含んでいます。

コラーゲンはバランスの良いアミノ酸と一緒に取ることで、コラーゲンだけをたくさん取るよりも吸収が良くなります。

公式サイト:すっぽん小町

手荒れや肌荒れになる原因も様々ですが、乾燥で荒れる割合はかなり高いです。 最初はアレルギーだったり汗疱湿疹だったりする場合も、...
白井田七 甕(かめ)

白井田七甕3

黒酢に田七人参を浸けて発酵させた発酵ドリンクです。

白井田七は有機JASの認定を受けていて、高品質、安全、安心にこだわり「完全無農薬」をテーマに1回の収集に3年を要して作られています。

黒酢は「カメ壺露天醸造法」という珍しい製法で製造したもので、通常の黒酢に比べ200倍以上ものアミノ酸の含有量。業界でもトップクラス。

「白井田七 甕」には必須アミノ酸の9種類+非必須アミノ酸が10種類入っています。

その他、オリゴ糖、プロテオグリカン、ザクロ、アサイーベリー、ライチ果汁、レモン果汁、ラカンカエキス、杜仲茶、甘草などが配合していて、美容にも良いドリンクです。

公式サイト:白井田七。甕

ここ数カ月髪の毛が抜けて悩んでいて、アミノ酸を飲むと抜けにくくなるので今回もアミノ酸に頼ろうと飲み始めたのが「白井田七 甕」です。 ...

腸内環境を整えながらアミノ酸

スマートガネデン乳酸菌

スマートガネデン7

ダイエットのためではなく腸内環境を整えたくて飲んでいたサプリメントですが、BCAAが配合されています。配合されているアミノ酸はBCAAだけですが、髪や爪も強化できました。

スマートガネンデン乳酸菌とは、アミノ酸の吸収が良い乳酸菌で、腸を整え脂肪燃焼に役立つというもの。アメリカではダイエットに働く乳酸菌として、プロテイン飲料や乳製品など様々な食品に使用されています。

定期購入で3回の継続をしないといけないんですが、3ヶ月で飲んでみたら変化に驚きました。

公式サイト:スマートガネデン乳酸菌

数年前から、ある日急に、便秘の他に下痢にもなることが増えました。 今までは便秘で悩んでいましたが、便秘よりも下痢になる方がずっ...

代謝を上げる為のアミノ酸

B.B.B(トリプルビー)

トリプルビー1

手荒れや肌荒れの方は冷え性や代謝が悪い方も多いです。

代謝を上げる為に筋肉に直接働きかけるHMBやクレアチンがメインで、BCAAやL-アルギニン、L-カルニチン、オルニチンなどが配合されています。

さらに・ブラックジンジャー、α-リポ酸、クエン酸・コエンザイムQ10、イソフラボン、葉酸、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンDなど、美容成分や栄養成分が入っています。

飲み始めたらすごく汗をかくようになりました。体温も上昇し始めました。

公式サイト:【B.B.B HMB & CREATINE48000】

年齢を重ねると代謝が悪くなったな。と感じることはないですか? 私は、毎年毎に感じています。 ・太りやすくなった ・食べ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!