これちゃんとできてますか?水仕事による手荒れ対策

手が荒れる原因が多いのはこの「水仕事」ではないでしょうか。家事や職業など、水に触れる事と洗剤などを使うことで起こる手荒れです。

しっかり対策できていれば、後でひどくなることも防げます。ちゃんとできているかチェックしてみてください。

ゴム手袋を使う

当たり前なんですが、水に触れないことで皮脂が奪われてしまうのを防ぎます。

家事での食器洗いやお風呂洗い、美容師さん・理容師さんのシャンプー、飲食店の方で大きな洗浄機を使う場合などは厚手のものがいいと思います。

肘まであるものが出てるので、水が入らないようにするのが得策です。

ゴム手袋も実は細菌が発生しやすいものです。毎回洗うようにしましょう。洗剤が残るとそれで荒れてしまうので、使わないかしっかり流すこと。しっかり乾かすことが大切。

裏面にしておくことで乾きやすくなります。面倒くさい作業ですが怠らないようにすることが改善につながります。

たまにゴム手袋で荒れる方がいらっしゃいます。これは、ゴムによるアレルギーです。こちらは、ゴム手袋の中に綿の手袋をするなどの対策をとることで防げます。もちろん、綿の手袋も使うごとに洗いましょう。

手が荒れてる方にはゴム手袋は、必須アイテムですよね。 一般に、家事などで水に触れる機会が多いから使おうと思うと、 こういうゴ...

お湯は使わない

水よりもお湯を使うことでバリア役である皮脂が落ちやすくなります。

ただ、水を使うのも「ひび割れ」や「あかぎれ」の原因になるので、ぬるま湯の少し冷たいくらいがいいと思います。

もちろん、ゴム手袋をすることで軽減されますが、薄いゴム手袋で熱いお湯を使ってしまっても皮膚に影響します。熱いお湯を使わなければならない方は厚手のゴム手袋を使いましょう。

また、お風呂でのお湯の温度もそうですね。熱すぎると、肌の皮脂を奪ってしまいます。38℃から40℃を心がけると良いと思います。

こまめに保湿

洗い物や掃除に限らず、水に触れる機会は多々あります。

外出時から帰ってきた時の手洗いや、トイレのあとなど、水に触れるたびにこまめにハンドクリームやオイルなどを塗ることで保湿が保たれます。

ワセリンだけを使う方もいらっしゃいますが、ワセリンはコーティングする作用はありますが、栄養を補給する作用はありません。

手荒れがひどい場合には、ワセリンを塗る前に化粧水や美容液など塗ると効果的です。

洗剤を変える

洗剤は油汚れなどを落とす目的のため洗浄力が強いです。強い洗剤を使うことで手荒れにつながりやすくなります。

食器洗剤だけでなく、洗濯用洗剤もアトピーやアレルギーの原因になっていることがあります。

実は、毎日一番多く触れているものは洋服やタオルや、洗濯したものです。一度見直してみるのもいいかもしれません。

手荒れている方ももちろん。元々肌が弱い方などは肌にやさしいものを選びましょう。

シャンプーやボディソープを変える

洗剤と同じ考え方なんですが、一般的に売られているものは、思っているよりも洗浄力が強いです。

日本人はきれい好きと言われ、毎日2回お風呂に入られる方も多いと思います。そのため、必要な皮脂や油を洗いすぎてしまっています。

これも、手荒れにつながる原因です。
毎日使うものだからこそ、優しいタイプのものを選ぶことで改善につながります。

まとめ

小さなことですが、毎日の積み重ねでなってしまった手荒れを、毎日少しのことを続けていくことで改善されていきます。
わかってはいるけど、中々全部はできないものですよね。

「パソコン業務だからハンドクリームでべたつきたくないな。」
「わかってるけど、お風呂は熱い方が気持ち良いんだよな。」
「コップ一つだから手袋はいいか。」

などと思うこともあると思います。
まずは少し我慢してみませんか。手荒れが広がらないように、早めの改善が大切だと思っています。

どこにでも書いてあることだと思いますが、前途で述べた対策をある程度できれば、改善すると思います。頑張りましょう。

仕事などでどうしてもゴム手袋が使えなかったり、消毒を頻繁にしなくてはならない方にお勧めなのは「ファムズベビー」です。

通常であれば塗って8時間、仕事でお湯や消毒を頻繁に使う方は4時間ほど皮膚をガードしてくれます。

「ファムズベビー」のレビューはこちら
公式サイト:【ファムズベビー】

【手荒れや肌荒れを早く改善したい方のおすすめアイテム】

体の中から体質改善したい方におすすめのアイテムを紹介したいと思います。 体質改善と言っても体質は人それぞれ違います。手荒れや肌...
手荒れも肌荒れも、肌が乾燥していたり敏感になっていることがほとんどです。 手荒れや肌荒れは、ビタミンミネラルが不足していて皮ふ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!