手元用美容液【Sirojamシロジャム】の効果が手荒れで悩む私にすごく良かった!!

シロジャム1

私の場合、冬になると全身乾燥してしまいますが、その中でも「手」って、顔や首と同様に外に出ているから見られることが多いでので気になってしまいます。

ハンドクリームも使いますし水仕事で手袋もしますが、やっぱり乾燥してくる。

乾燥してくるとシワが深くなる。シワシワだと老けて見えてしまう。

しかもしょっちゅう荒れてしまいます。

「あぁ、顔もこうやって老けて見えてくるんだなぁ(*´з`)」と目の前で感じています。

もともと手荒れもあったので、乾燥してくると「危ない!保湿せねば!!」と色々使いますが、今回使ってみた手元に特化した夜専用の美容液【Sirojamシロジャム】。

これが思いのほか、すごく良かったんです(*´▽`*)

口コミレビューです。

公式サイト>>手元用美容液【Sirojam】

【Sirojamシロジャム】はこんな方にお勧め
・手の乾燥が気になる
・手のシワやくすみが気になる
・手元を若く見せたい
・手元にふっくら感が欲しい
・爪が弱くさかむけがよくできる

Sirojamシロジャムって?

シロジャム7

Sirojamシロジャムは、手の悩みに特化した美容液ですが、珍しいジェルタイプです。

若い頃は母が言う「人前で手を出すのが恥ずかしい」という言葉が分からなかった。数年して友人から「手が老けたね」と言われその意味が分かり開発に至ったというSirojamシロジャムの開発者。

・キメが粗い
・昔に比べ肉付きが良くない
・血管が目立つ

実際に経験したことが開発につながったそうですが、みんなそうですよね。なってみないと分からないんです。だからこそ悩んでしまいますよね。

開発するにあたって色々と調べた結果、手にも保湿だけではなく保水も必要だと分かり「保湿」ではなく「美容液」に着目したんだそう。

化粧水だけでは保湿がなく結局クリームが必要になってくる。これでは使い勝手が悪く面倒。

そこで辿り着いたのが、水分量の多い「ジェルタイプ」。という開発秘話です。

「シロジャム」という名前。

「ジャム」というのは和訳すると「詰め込む」という意味もあるんだそう。

水分、オイル、美容成分をたっぷり詰め込んでいるのでこの名前になったんだそうです。

シロジャム3

確かに、封を開けるとジャムのような入れ物に入っていて、「食べたらおいしそう」と思ってしまいます(´艸`*)

また、ジャムが食卓に並んでいると嬉しくなるように、女性に喜んでほしいという意味もあるそうです。

Sirojamシロジャムのテクスチャー

シロジャム4

シロジャムは油分の多いクリームタイプではなく、水分の多いジェルタイプです。

ジェルだけだとさっぱりし過ぎて乾燥してしまうので、オイルなどが配合されています。

オイルは天然の5種類のオイルです。

・ホホバオイル
・ざくろ種子油
・ライスバター
・インカインチオイル
・アルガンオイル

ジェルタイプなのでかなり伸びがイイですが、初めて使った時は「うわっ!すごいべたつく!!」と思いました。

シロジャム5

塗ってすぐはかなりベタっとします。

が!

これが良いんだというのは後になって分かりました!!

Sirojamシロジャムの香り

シロジャム6

Sirojamシロジャムは合成香料が入っていません。なので香りはほぼ無臭です。

オイルの嫌なニオイもしません。

香りが楽しめるように香料が入っているハンドクリームなども多いですが、本当に「保水と保湿に特化してる」という感じがします。

Sirojamシロジャムの使い方

シロジャム2

シロジャムの使い方は簡単です。

塗って、手袋をして、寝るだけ(*´▽`*)

1、シロジャムの使う量の目安は「サクランボ大」

手の平で少し温めるとなじみやすくなります。

特に寒い時期はオイルも硬くなることがあるので、10秒ほど様子を見てみましょう。

2、手のひら、手の甲、指の間になじませる

ささくれが出来やすく爪が割れやすい方は、爪周りもしっかりなじませましょう。

3、ナイトグローブをつけて完了

シロジャム8

シロジャムでは初回にシルク素材のナイトグローブがプレゼントされます。

シルクの手袋をすることで保湿効果が高まることと、布団や服にシロジャムがつかないこと、布団や服でシロジャムが拭き取られないことなどの理由もあるんだそう。

もちろん日中にも使えるそうですが、手袋をしないと日中はベタつきが気になってしまうかもしれません。

数日使ってみて分かりましたが、日中に使う時は使う量を少なくするとベタつきは抑えられます。

反対に、夜使う時に少なくしてしまうとあまり効果を感じないかも。

≪手袋は綿じゃダメなの?≫

綿の手袋でも良いそうですが、綿って水分を吸い取ってしまうんですよね。

より効果を感じたい方はシルクが良いそうです。

手袋が一つだと、洗って乾かないときなどに間に合わないかもしれません。

シルクでも手袋は1000円くらいで買えるので、一つ予備を持っていると良いかもしれませんね。

メーカーの方に聞いたら、「もしかしたら手袋だけの販売もするかもしれませんが、まだ未定です」とのこと。

Sirojamシロジャムを使ってみた口コミ

シロジャム9

初めて手につけたときは「ベタベタ感・・・」と思いましたが、「おぉ、これはすごくいいかも!」と思ったのは翌日の昼間です。

保湿してシルクの手袋を付けて寝るので朝はしっとりしているのは「うん、そうだよね」と思いましたが、持続感がすごい!

朝起きてから、顔を洗ったり朝風呂に入ったり食器を洗ったり、水を使うことって割と多いと思うんです。

ハンドクリームやその他の保湿もしないで外出したんですが、手のしっとり感が続いてるんです。

「あれ?シロジャムイイな」

シロジャム14

これはシロジャムを使う前です。今年は乾燥が少ないですが、小じわが気になってました。

シロジャム15

これで使用3日。小じわが目立たなくなり乾燥も防げています。

いつも日中に乾燥しないようにハンドクリームを塗ることが多いのですが、手の乾燥が気にならなくなりました。

最初は「それでも夕方前には乾燥しちゃうなぁ」と思っていたんですが、続けてみるとどんどん乾燥が気にならなくなるんです。

このしっとりの持続感は、ハンドクリームではありえない!

無添加なので、これは乾燥の手荒れで悩んでいる方にも良いのではないかと思います。

Sirojamシロジャム9つのフリー

シロジャム11

成分を見ても分かるように、ほとんどがオイルや美容液成分です。

肌への優しさも考え、肌の負担になるものは入れたくなかったんだそう。

・石油系界面活性剤
・鉱物油
・合成香料
・合成着色料
・キレート剤
・パラベン
・シリコン
・紫外線吸収剤
・エタノール
フリー

Sirojamシロジャムを詳しく見る>>手元用美容液【Sirojam】

夜使うのにハンドクリームやワセリンじゃダメ?

私は手荒れで悩んでいたので色々なハンドクリームもワセリンも使いましたが、乾燥は防げるものの、良くなったというのはほとんどありませんでした。

手の乾燥、シワ、シミ、くすみ、ハリ、血管などの悩みにハンドクリームやワセリンを使う方もいらっしゃるともいます。

良くなる方もいらっしゃると思いますが、あまり改善されてないように感じる方も多いと思います。

少しの乾燥やくすみであればハンドクリームやワセリンで良くなるんですよ。でもね、進んでしまった乾燥はなかなか良くならない。

これ、何でかと言うと、皮ふの上にハンドクリームやワセリンで膜を張っているだけだからなんです。

顔には化粧水使いますよね?じゃあ手には?

これがシロジャムが保湿力の高いクリームではなくジェルタイプにしている理由です。

Sirojamシロジャムは化粧水や保湿クリームではなく【美容液】

シロジャム10

せっかく使うなら、手の乾燥、シワ、シミ、くすみ、ハリ、血管などの悩みを改善するだけでなくキレイにしたいという思いから、美容成分も配合されています。

肌のきめを整え肌を健やかに保つ、日本酒にも含まれる成分「グリセリルグルコシド

皮脂に含まれる成分で肌のなじみが非常に良い「スクワラン

肌の水分保持に欠かせない「セラミド

シロジャム一つで、保水と保湿ができるような配合にしているんだそうですよ。

シロジャムは手のシミにもイイの?

乾燥やシワには良いかもしれないけど、シミは良くならないでしょ?と思う方もいらっしゃると思います。

シミって1度できてしまうと中々なくなってくれないですよね。

顔もそうですが、シミがなぜできるか知っていますか?

シミができる主な理由は紫外線です。紫外線を浴びた体は、体を守ろうとメラニンを生成します。これがシミの元になります。

なぜ、なくなりにくいのかと言うと、その場でメラニンが生成し続けるからなんです。

基本的に肌のターンオーバーとともに薄くなっていきますが、ターンオーバーのサイクルが遅くなってくるのも原因の一つ。

では、なぜメラニンを生成し続けてしまうかと言うと、肌のバリア機能が低下しているからなんですね。

肌のバリア機能がしっかりしていると、紫外線が肌の奥まで届きにくくなるわけです。

「肌のバリア機能」と聞くと油分で膜を張った状態を想像するかもしれませんが、一番重要なのが肌の水分なんです。

肌の一番上のある角質層は細胞が何層にもなっていて、細胞同士が水分を抱え込んでいます。

肌の角質層が整っていると、実は乾燥にも強くなります。反対に、角質層が乱れているとどんどん肌が乾燥していき、バリア機能が低下してしまいます。

つまり、シミの元であるメラニンを生成をさせないためには肌のバリア機能をサポートすること。

⇒肌のバリア機能のサポートは水分が必要。

⇒水分を蒸発させないように膜を張ることも大切

そう考えると「シロジャム」を使うことでシミの予防にもなりシミの原因であるメラニンの生成を抑える期待はできるのではないかと思います。

ただ、シミは本当に時間がかかります。

ターンオーバーのサイクルは「28日」と聞いたことがあるかもしれませんが、実はこれ10代の健康な肌のこと。

30代や40代の場合、「年齢+10日」「年齢+20日」とも言われています。

数カ月続けてみると良いかもしれませんね。

Sirojamシロジャムの価格

通常価格:5980円(税込み)

定期価格:初回67%OFFの1980円 2回目以降は33%OFFの3980円

※初回は送料無料

定期コースは○○回の継続は必要なく、1回でも停止・休止が可能です。(2回目以降の発送の10日前までに連絡が必要です)

もし肌に合わない場合、初回料金の返金保証があります。

まとめ

シロジャム13

≪Sirojamシロジャム≫

・手元に特化した夜専用の美容液
・クリームではなくジェルタイプ
・肌に優しい無添加
・返金保証もあるので試しやすい

手荒れで悩んでたこともあってプロテクトクリームも使うんですが、今まで感じたことのない感覚でした。

何て言ったら良いのだろう。

顔に美容液使って「めちゃくちゃ良かった!」っていう感じに少し似てます。

肌のしっとり感、乾燥が抑えられてる感、モチっと感。

私の場合、乾燥が始まると指の間や手首がガサガサして荒れ始めます。今年は荒れないかも。

手の悩みがある方にはおすすめです(*´▽`*)

公式サイト>>手元用美容液【Sirojam】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!