アトピー・肌荒れ・年齢肌の肌の免疫力を高めるLPS化粧品の効果について

疲れていたり風邪を引いたりストレスが溜まったり花粉症の時期などは、体は弱って免疫力が低下している状態。

免疫力が低下していると肌も荒れやすくなりますが、肌自身にも免疫力が存在しています。

最近では肌の免疫力を回復させるLPS(リポポリサッカライド)化粧品というのがあります。

アトピーや肌荒れ、年齢肌の方にもLPS配合のクリームやローションで肌の免疫力を高めることができることが分かってきています。

そんなLPS化粧品の効果についてお話したいと思います。

肌の免疫力とは

肌の免疫力というのは、外部からの刺激に対して体を守ると言うものです。肌のバリア機能ですね。

肌の水分や皮脂なども大切ですが、肌の中に「ランゲルハンス細胞」という免疫細胞が肌の免疫力と関わっています。

ランゲルハンス細胞は表皮の中で一番厚い有棘層に存在しています。

有棘層は、細胞と細胞がデモソースと言う接着構造で結ばれこの細胞の間をリンパ液が流れています。そのため老廃物を運ぶ役目もあります。

その有棘層のあるランゲルハンス細胞は、異物や腫瘍を見つけると認識して排除するという働きをします。

近年、アトピーではランゲルハンス細胞の機能が低下しているため免疫を過剰に反応させてしまうのではないかと考えられています。

ストレスがあるとランゲルハンス細胞は減少することがわかっています。その他にも老化や紫外線による活性酸素などでも減少します。

ランゲルハンス細胞は、LPSに反応することで肌の免疫力を活性化し、皮ふのバリア機能を高めたり炎症を抑制することがわかってきました。

LPS化粧品の効果

LPS(リポポリサッカライド)というのは、糖と脂質がくっついた「リポ多糖」の一種です。

近年LPSは、私たちが口にする食べ物にも含まれていることが分かり、その中でも和漢植物成分に含有量が多く含まれています。

LPS化粧品は、小麦や玄米から摂取したLPSを使用しているものがほとんどです。

LPSは食べるだけではなく、肌に塗布しても肌の免疫力が上がることもわかっています。

肌のハリや弾力がアップ

肌のハリや弾力に関わるのはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などですが、これらは肌の表皮の下にある真皮に存在しています。

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作るのは、皮ふが生まれる基礎となる繊維芽細胞です。

体に存在する免疫細胞のマクロファージをLPSで活性化すると繊維芽細胞のが増殖が促進されることがわかっています。その結果肌のターンオーバーも早まるというわけなんです。

また、繊維芽細胞が増殖することで、ヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲンの量も増えていきます。

化粧品の場合は肌の角質層までしか入りません。そのため分子の大きいコラーゲンやヒアルロン酸などの成分は肌の奥の方まで浸透することはできません。

しかし、LPSはこれらの浸透を助けることがわかっています。

ヒアルロン酸やコラーゲンがしっかり角質層まで浸透することで肌の水分を維持し、肌の潤いを保つことができるんです。

肌のバリア機能を高める

肌のバリア機能が弱ると乾燥肌や敏感肌になり、外からの刺激にも弱くなってしまいます。

肌のバリア機能に重要な物質はいくつかありますが、その中でも「フィラグリン」というたんぱく質があり、遺伝的にフィラグリンに異常があるとアトピー性皮膚炎になりやすいこともわかっているそう。

フィラグリンはケラチノサイトでつくられますが、LPSの刺激で発現が高まることが報告されているそうです。

化粧品では肌の奥まで届きませんから、おそらくこれは口から摂取した場合でしょう。

LPSの研究をしている自然免疫応用技術(株)によると、乳酸菌の1.5倍、酵母菌の10倍ものパワーで年齢による肌トラブルのもとにアプローチすると言います。

また、LPS化粧品はその他の有用な成分を浸透させやすくするので、肌にうるおいを持たせやすくその他の成分で肌が活性化し肌のバリア機能を高めるということが期待できます。

アトピーややけどの治療にLPS配合クリームが効果的?

LPSを研究している杣源一郎先生の元で、軽度、中度のアトピー性皮膚炎でLPS配合クリームを塗布した実験の結果、アトピーの改善、かゆみの改善に効果があったそう。

1、左右対称にアトピーの症状が出ている被験者に対し2週間朝晩塗布してもらう
2、片方はLPS配合クリームで片方は通常のクリームを塗布
3、プラセボ効果があるかもしれないので被験者はどちらにLPS配合クリームを塗ったかは分からない状態

その結果、改善が見られたという実験内容です。

杣源一郎先生曰く、「アトピー性皮膚炎は適切な治療やスキンケアによって炎症をコントロールすることで自然寛解が期待できるとされており、LPS配合クリームの使用は軽度アトピー性皮膚炎患者の日常的スキンケアに手軽で、かつ有効です」

また、LPS化粧品では、「保湿性の優れた良質の基材との組み合わせによりアレルギー性の肌荒れの改善をもたらすことが大いに期待ができます。」ともおっしゃっています。

やけどの実験は中国の病院で行われた治療実験だそうで、やけどの皮膚にLPS配合のクリームを適用して観察した例です。

上記と同じような実験の結果、LPS配合のクリームを塗った片方の手の方が早くきれいになり、1ヶ月でかなりキレイに回復したと言います。

このことに対しても「LPSによって皮ふの再生が促進されていることが示されたという事です。傷ついた皮膚にも何ら悪影響はありませんでした。」とおっしゃっています。

お勧めは「imini(イミニ)」

イミニ

公式サイト>>パントエア菌LPS化粧品 imini(イミニ)リペアセラム

美容と医療の両面から注目され更なる研究が進められている化粧品。

イミニは、化粧水、乳液、導入液、化粧下地など、13役をこなすオールインワンの美容乳液で、LPSの配合が高配合されています。

また、LSPのパイオニアである自然免疫応用技研との共同開発されているのも安心材料の一つです。

そのLPSにもこだわっていて、農薬を使わずに土壌と水がきれいな場所で育てられた玄米から採れた米ぬかを使いパントエア菌LSPを採用しています。

あらゆる肌に使ってもらいたいと外部機関での肌刺激性試験も実地しています。

※全ての人にアレルギーが出ないという事ではありませんので、肌の弱い方は必ずパッチテストをしましょう。

肌に負担になる成分は配合しないと言うこだわりもあります。

【シリコン、合成ポリマー、パラベン、鉱物油、合成香料、石油界面活性剤、アルコール、タルク、紫外線吸収剤等の不使用】

通常5000円ですが、定期購入であれば初回が半額の2500円で試すことができます。

イミニ リペアセラム 50ml 初回半額 2,500円(税抜)

【イミニの特典】

1、2回目以降も20%OFF
2、毎回送料無料
3、いつでもお休み、解約OK
4、全額返金保証

1本で2か月分というのは実はコスパも良いですし、○○回以上の継続も必要なく肌に合わなかった場合は1回でも解約できます。

肌の弱い方でも使用できる処方になっているのはかなりポイントが高いと思います。



イミニの口コミ

色々なメーカーのオールインワンを利用してみましたが、やはりイミニが一番良いですね。安心して使用出来るし、結構持ちもいいので、そんなに高くは感じません。

冬場は2度塗りしないと少し乾燥しやすいという印象ですが、ベタベタしないので今までで一番使いやすいです。オールインワンの中ではお高めですが、敏感肌でも使用でき保湿されるので満足です。

1本使いましたが、何が効果的なのかいまいちわかりません。潤うように感じますが、乾燥肌の私にはもう少し保湿される方が良かったです。

1本は高いですが化粧水や乳液を揃えることを考えるとコスパは良いと思います。オールインワンなのであまり期待していませんでしたが、朝の忙しい時間にも1本で済むのでかなり重宝しています。

季節による肌荒れが気になっていたので使用してみました。1週間程で肌の調子が良くなってきました。このまま肌が強くなってくれることを期待しています。

敏感肌なので合成ポリマーや紫根が入っていないオールインワンを探して使ってみましたが、使いだして肌のトーンが上がりました。ここまで期待してなかったので嬉しい効果です。

公式サイト>>パントエア菌LPS化粧品 imini(イミニ)リペアセラム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!