ステロイド外用剤は怖くない!間違った理解と使い方

手荒れや肌荒れをしている方の中には、皮膚科でステロイドを処方されている方もいらっしゃると思います。

そして、手荒れや肌荒れが悪化してしまう原因として、ステロイド外用剤の間違った理解と間違った使い方があげられます。

以前の私は、ステロイド外用剤について誤解し、間違った使い方をしてしまっていました。そして、さらに悪化してしまう。という悪循環に陥ってしまっていました。

皮膚科に通われてる方の中にも、「ステロイドを使いたくないんですが・・・。」
と、皮膚科医に相談する方もいらっしゃるのではないでしょうか。(私がそうでした。)

皮膚科の先生が言うには、ステロイド外用剤の治療は間違った情報や知識のせいで、正しい治療を放棄してしまうため症状が悪化してしまう患者さんが多くしらっしゃるそうです。

ステロイド外用剤は、正しい理解と正しい治療を心がければ、症状は比較的早く改善される薬です。

私は「もう、絶対ステロイド使いたくない!」と思っていましたが、ほとんど間違って使っていました。

しっかり使っていれば怖いものではありません。まずは、間違っている使い方をしていないか、改めてみてください。

間違った理解

まずは、どのように間違って理解してしまっているかです。

以下のように思っている方は多いのではないでしょうか。

皮膚が黒ずんでしまう

ステロイド外用剤を使っていると、皮膚は白くなっていきます。

塗り始めはステロイド外用剤によって皮膚の炎症が収まります。皮膚の炎症が収まることで、一時的に黒くなることがありますが、時間がたつと収まっていきます。

この時点で、副作用だと思い使うのを止めてしまう方も多いみたいです。

皮膚が厚くなる

私は、友人から聞いてそう思っていました。その友人は確かに指の関節部分が厚くガサガサになっていましたが、皮膚科で聞いたところそれは反対で、ステロイドは皮膚が薄くなる(皮膚萎縮)という副作用があります。

皮膚が薄くなることは、長期間強いステロイドを使用することで起こるそうです。

まずは、このようにならないためにも、最初はある程度強い薬で一気に治すこと。徐々に弱い薬にしていくこと。短期間で治していくことを皮膚科の先生と相談していくことが大切です。

※手荒れや肌荒れの場合、一時的なものであれば強いステロイドの方が有効と言えますが、アトピーなどで長期間使用している場合には皮膚が薄くなり副作用が出ることもあるようです。

皮膚に蓄積する

ステロイド外用剤は塗った後2,3日で消失すると言われています。実際、蓄積することはありません。
初期の頃は、毎日塗ってくださいと言われるかもしれません。

症状が収まってきたら、皮膚科の先生と相談して、塗る回数を少なくしていくことは大切です。

症状が良くなってくると、自分で判断して止めてしまうこともあります。これが悪化させてしまっているかもしれません。

一度使うと辞められなくなってしまう

長期間ステロイドを使用することで、自分の副腎皮質が働かなくなってしまいます。その状態でステロイドを止めると、そのことでステロイドが止められなくなるということが起こってしまいす。

これも間違った使い方をしてしまっていることで起こる状態で、自己判断で止めてしまうのが危険だと言われる原因です。

間違った使い方

ステロイド外用剤を使っていたことがある方、使っているけど改善が見られない方、こんな使い方してませんか?

薬だけに頼ってしまっている

手荒れや肌荒れを改善するのに、薬だけになっていませんか?

長い期間ステロイド外用剤を塗っているけど改善しない。という方に多いようです。元々荒れてしまっている原因が改善されないまま、ステロイドだけに頼ってしまっているということです。

ダニやカビかもしれませんし、食べ物によるものかもしれません。自分がなぜ手荒れや肌荒れを起こしているかを把握することが大切です。

原因を知ることとその対策、スキンケアなども短期間での改善につながります。

強く刷り込むように塗っている

荒れている部分に刷り込むように塗ってしまうと、荒れていないところに外壁ができるようにステロイド外用剤が溜まってしまいます。

ステロイド外用剤は、分子の粒が小さいため、悪化していない部分からも吸収されてしまい、副作用が起こってしまう原因になります。荒れている部分にのせるように塗ることで十分です。

良くなったと思って塗るのを止めてしまう

実際にこのパターンで、症状を繰り返してしまう方も多いと思います。

私はそうでした。結局繰り返して、ステロイド外用剤も強いものになってってしまいました。

見た目は治ったかのように見えても、皮膚の中ではまだ炎症を起こしているか可能性があります。初期症状の方でも、手荒れや肌荒れを繰り返さないためにも1回だけではなく、再診されることをお勧めします。

残っていたステロイド外用剤を塗っている

以前使っていたものがあるからと言って、同じものを塗ってしまうという方。顔にも出てしまったからと言って手荒れで処方されたステロイド外用剤を使ってしまう方などは、かえって荒れてしまう原因になりかねます。

皮膚科医はその時の症状、部位によってステロイド外用剤を処方するので、同じように手荒れや肌荒れが起こったとしても、一度診察することをお勧めします。

以前使っていたものと同じものを処方されたときは、持っているもので良いのかをお尋ねください。

まとめ

治療を放棄することで手荒れや肌荒れが悪化してしまい、そのことがストレスになってしまい体にまで影響してしまうことも考えられます。

ステロイド外用剤は危ないと敬遠されることもありますが、副作用が出ないように正しく使用することで短期間での改善ができるものです。

納得いくまで皮膚科の先生に質問するのも良いと思います。ちなみにいくら弱いものでも、私は皮膚科の先生に「どのくらいの強さなのか」「副作用はないのか」「皮膚は薄くならないのか」としつこいくらい聞きます。

いくら混んでて流行っているからといって、聞いてくれない先生のところには行かなくていいです!!

こっちはナーバスになっているのに「ああ、このパターンね」と適当にあしらう皮膚科は良心的ではないです。

うまく使って味方につけてしまいましょう!

【手荒れや肌荒れを早く改善したい方のおすすめアイテム】

体の中から体質改善したい方におすすめのアイテムを紹介したいと思います。 体質改善と言っても体質は人それぞれ違います。手荒れや肌...
手荒れも肌荒れも、肌が乾燥していたり敏感になっていることがほとんどです。 手荒れや肌荒れは、ビタミンミネラルが不足していて皮ふ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!