入浴後の痒みは水道水の塩素かもしれません

シャワーやお風呂の後に肌が痒くなることはないですか?

温まりたいのに、湯船に入ると痒くなる。半身浴で汗をかきたいのに痒くなる。痒いのって、結構つらいですよね。

その痒さ、水道に含まれる塩素かもしれません。

肌が弱い方や乾燥している方、肌は弱いわけではないけれど入浴後に痒くなってしまう方。塩素除去をしてみたら痒さがおさまるかもしれませんよ。

水道水の塩素で痒くなる?

塩素とはそもそも、水を腐らせないように殺菌消毒するものです。

東京の水がまずい、臭いと言われていますが、最近は東京の水でも塩素が少なくなったと言われています。しかし、敏感な方は多少でも痒くなったり、肌が荒れたりしてしまいます。

塩素がなぜ痒さの原因になるかというと、たんぱく質を壊してしまうからです。

まずは、高い温度での長時間の入浴です。

40度以上のお湯で入浴すると、皮脂がが流れやすくなります。皮脂はの肌のバリアの代わりになっているので、流れてしまうことで乾燥につながります。

肌が弱かったり乾燥していると、バリアがなくなり水道水の塩素がさらに肌の角質層に入り込んでたんぱく質を壊してしまいます。

湯船は一番風呂より2番目以降

一番目に入ることで塩素が直接肌についてしまいます。

塩素はたんぱく質や皮脂と結びついて水の中で減るんですね。2番目以降に入ると良いのはこの理由です。

最近は塩素除去の入浴剤がたくさん出ているので入れるのも良いと思います。入浴剤を使うなら、塩素除去+肌に潤いを与える湯の花もお勧めです。

湯の花の力を借りた『みんなの肌潤風呂』

みんなの肌潤風呂は水分吸収効果が抜群のビート糖をはじめ、別府ミョウバン湯の花エキス、ホホバオイルなどの保湿成分がたっぷり配合。さらに、オレンジ油、レモン果皮油、グレープフルーツ果皮油が配合されていて、リラックス効果も望めます。

私は寒い時期になると痒くなることが多くなるので、冬場の入浴は必ず入浴剤を入れます。

色々試しますが、痒くなる場合はやっぱり保湿するような入浴剤の方が良いな。といつも思います。

入浴剤を使用しない場合、入浴後に精製水でふき取ることでも塩素は除去できるそうです。

もちろん入浴後の保湿は大切です。

湯船よりもシャワーの方が痒さが増しやすい

また、湯船よりシャワーをずっと浴びている方が良くないとも言います。

これは、先ほども書きましたが、直接塩素が肌に触れるからです。

また、浄水場で水道水を塩素処理する際にトリハロメタンという物質が発生します。

トリハロメタンは発がん性物質ですが、水道水中のトリハロメタンの濃度は厳しく決められているので心配しなくても大丈夫だとは言います。

最近は水道水を直接飲む人も減ってはいると思いますが、水道水を飲む場合も安全な量とされています。

一生に飲む量は飛行機に1回乗るのと同じくらいだと聞いたことがあります。

(これは余談ですが、飛行機に乗ると太陽からの放射線を浴びることになります。これが多いほど人体に影響すると言われています。が、年間に海外旅行4~5回でも問題ない量だそうです。)

専門家の人の中には「それでも避けた方が良い」という人もいれば「人体にはほとんど影響はない」という人もいます。

でもちょっと心配になりますよね。

トリハロメタンは浄水器で除去できるので、敏感肌や乾燥肌の方、心配の方は塩素除去のシャワーヘッドを使用してはどうでしょうか。

日本アトピー協会推薦品 レンタルシャワーヘッド

最近は色々なシャワーヘッドが出ているので試してみるのも良いかもしれません。

また、シャワー後に入浴剤入りの湯船に入ることで肌を保護してくれます。流さないでそのまま出ることで、しっかり保湿してくれます。

日本の水道水は優秀

とはいうものの、海外に比べ(おいしいまずいはおいておいて、)水道水が飲めるということは素晴らしいことです。

海外旅行などで、そこの国の水は飲まない方が良いと言われると、歯磨きやお風呂に入るときにも気を使います。

また、肌も粉をふき、髪もぱさぱさになった記憶もあります。それに比べると日本の水道水は基準がしっかりしていて優秀だといます。水道水を飲める国は10か国近くしかないんだとか。

しかし、敏感肌・乾燥肌・肌が荒れているときには、塩素は微量であっても肌に影響してしまいます。

痒いのは嫌ですよね。入浴後に痒くなる方は、お湯に気を付けて保湿をしっかりしましょう。

【手荒れや肌荒れを早く改善したい方のおすすめアイテム】

体の中から体質改善したい方におすすめのアイテムを紹介したいと思います。 体質改善と言っても体質は人それぞれ違います。手荒れや肌...
手荒れも肌荒れも、肌が乾燥していたり敏感になっていることがほとんどです。 手荒れや肌荒れは、ビタミンミネラルが不足していて皮ふ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!