白湯が手荒れや肌荒れに効果があるのか?という疑問

「白湯健康法」とか、「白湯ダイエット」って聞いたことあると思うんですが、これで肌荒れが改善しました。とか。手荒れが改善しました。とか。アトピーが良くなりました。とか。聞きます。

白湯はアーユルヴェーダからきている。風邪・水・火3つの質のバランスが整った飲み物。

・・・・・・はい?

となりまして、
何がどうなって良いのか。そこには科学的根拠はあるのか。と、気になってしまいました。

白湯の作り方

まず出てくるのは、本当の白湯の作り方です。ただ単に水を沸かすだけではだめらしいです。

作り方

・きれいな水、きれいなやかんを用意する。
・10分~15分沸騰させる。
・沸騰してきたら蓋をとって換気扇を回す。

飲み方

・すするようにゆっくり飲む
・朝起きて1番に5分~10分かけて飲む
・食事中に飲む
・量は1日700~800ml

温度

・体が冷えている人は70~80度
・適温は50~60度
・その温度から冷めないように保温ポットに入れておく

疑問1

10~15分沸騰させる?
そして、水道水よりも純粋の水が良いそうです。なぜなのか?

これは、水道水だとトリハロメタンが発生するからだと思います。

トリハロメタンは発がん性物質で、塩素処理のときに発生します。5分の沸騰で一時的に濃度があがり、10分沸騰させるとトリハロメタンが分解し減少していきます。完全に取り除くには40~50分かかるんだとか。
そして、蓋をとることで塩素臭が消えるそうです。

浄水器はトリハロメタンを除去するので、ミネラルウォーターか、水道水を使うのが心配なら浄水器などで対応するのが良いみたいです。

また、水は、分子がいくつか集まって形成していて、水を沸騰させることによって、分子同士が離れまろやかになり、体に吸収されやすくなるんだとか。

でも、安心してください。トリハロメタンが発生しているからと言って危険ではないみたいですよ。
飲む際に安全な量とされていて、一生に飲む量は飛行機に1回乗るのと同じくらいだそうです。
(これは余談ですが、飛行機に乗ると太陽からの放射線を浴びることになります。これが多いほど人体に影響すると言われています。が、年間に海外旅行4~5回でも問題ない量です。)

疑問2

便秘に効果的で腸内環境が改善される?

白湯を飲みだしたら便秘が改善するとのこと。

まずはそこが疑問でした。便秘解消にはコップ1杯を一気に飲み干すと、その重さで胃が下がりその下にある腸に圧がかかり腸が動き出すので便秘解消には一気に飲む方が良いと聞いたことがあります。
ゆっくり飲む方が良いのか。一気飲みが良いのか。
こんな記事があります。

「白湯でも水でも同じ」便秘の名医が明かす、白湯ブームの意外すぎる真実とは?

便秘外来の先生で、TVなどにもでられていて、便秘に関する本もたくさん出されてます。

ただ、白湯健康法では、ただ便秘を改善することが目的ではないと言います。

どちらにしても便秘が改善するのは良いことですよね。自分に合ったやり方が良いのかもしれません。

トリハロメタンや水の分子のことを考えると、一度10~15分ほど沸騰させて冷やすのも良いかもしれませんね。
人間は冷たい方がおいしいと感じるそうです。

水には、ミネラル、ナトリウム、カリウム、マグネシウムが含まれていて、沸騰させると、これらがが壊されるとありますが、壊されることはないみたいです。

疑問3

水以外の暖かい飲み物ではだめなのか?

白湯健康法では、700~800mlは白湯で、それ以外は、他の飲み物でも良いそうです。
ただ、コーヒーや紅茶などは、冷やしたり、利尿作用が大きかったりする作用がありますよね。それたとは異なり、白湯は「純粋」という事だそうです。

確かに、お茶やコーヒーは鉄分の吸収を妨げると言いますし、薬などを飲むときに水以外のものは、成分が邪魔をしてしまい、吸収を妨げたり、反応してしまったりすると言います。

例えば、牛乳は胃を保護する役割がありますが、カルシウムと薬が反応してしまうことが合ったり、ジュースも抗生物質などは胃で分解されたり、吸収を妨げたりするそうなので、水が純粋であることが良いというのは納得します。

麦茶も良いとありますが、麦茶は体を冷やす飲み物なのではないんだろうか?でも、それ以上に体を温める飲み物はあるでしょうに。と思うわけです。

ここで間違っていたのかもしれないと思ったのは、白湯健康法は、冷え性のためのものではないということです。冷えてる人も、そうでない人も、バランスのとれた体質に戻す。という事でした。

その飲み物が、体を冷やすものなのか、温めるものなのか、知っていることが大切なのかもしれません。
また、そこに入らないものが白湯なのかもしれません。だからこそ、自分の自然治癒力などでバランスが整うのかもな。とこれは私の意見です。

ちなみに、冷えている人は、白湯以外を飲みたいときには、カモミールティーやレモングラスなどのハーブティや白湯+しょうがスライス2.3枚、もしくはパウダー(胃が弱い方は気を付ける)も良いそうです。

ここでまた疑問です。

紅茶はお湯を沸騰させない方がおいしいと聞いたことがあります。ハーブティはどうなんでしょうか。その時も10~15分ほど沸騰させなければならないのでしょうか。疑問です。

面白い実験をされている方がいらっしゃいました。

美味しいハーブティーを入れるための抽出温度の違いによる実験

沸騰の具合でこんなに変わるんですね。
沸騰をし続けたものはおいしくないと書いてあります。また90度以上のものがおいしいとのこと。
白湯にこだわらず、おいしいものを飲んだ方が心的に良いような気もします。

白湯健康法の著者蓮村先生は、

・食べ過ぎてはいけない。
・冷たい飲み物や食べ物は極力さける
・毒をためる食べ物はさける

とあります。そして、科学的根拠はないとおっしゃっています。しかし、試した人に効果が出ているのでまず試してみる。とのこと。

まとめ

結論から言うと、科学的根拠は、あることもある。ん?と思うこともある。
健康になるには、白湯だけでは限界がある。
最終的に食事も大切で、規則正しい生活が必要なのかもしれません。

靴下4枚はくものも、つまむものも、白湯も、基本的には「毒だし」なんですね。肌や手が荒れやすい方、アレルギー体質の方やアトピー体質の方はこの「毒」を排出する力が弱いと聞きます。
毒素の話はこちら

アーユルヴェーダと聞いてしまうと、日本人にはなじみがないし、ん?となってしまうかもしれませんが、蓮村先生がおっしゃるように、効果が出ている方がいらっしゃるので、試しているのも良いかもしれませんね。

本格的にアーユルヴェーダで毒だしをしようとすると、自分の体質に合った食事制限から、マッサージから、施設で5日から2週間ほどのメニューがあるみたいです。
いっそのこと、休みを取って毒を出すのも良いかもしれませんね。

【手荒れや肌荒れを早く改善したい方のおすすめアイテム】
体の中から改善したい方におすすめアイテム~症状別~
【手荒れ肌荒れ】手にも顔にも安心して使えるクリーム・オイル

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!