その皮脂もしかしたらインナードライかも!?インナードライは毛穴が目立つ?

以前20代半ばくらいだったでしょうか、デパートの化粧品売り場で肌の水分量をはかってもらったことがありました。

顔がベタベタするしファンデーションはすぐ浮くし、周りの人よりも皮脂が多いと感じていたので自分は脂性だと思っていましたが、30代後半の肌の水分量だと言われてしまいました。

その後に通っていた脱毛のエステでも「インナードライ肌ですね」と言われてしまいました。

水分が少ないと毛根にも影響してうまく抜けなく脱毛しにくいんだそうです。

インナードライは顔だけでなく体もそうなんだと実感した瞬間です。

自分は脂性だと思っていたら、本当は肌の水分が少ないインナードライ肌だった。という方は非常に多いんです。

女性の8割はインナードライ肌なんだとか!?

私は初めて言われたときから何の対策もしないで20代を過ごしてしまったんですが、今思うとそれが良くなかった。

インナードライをなめていたというか。軽く見ていたというか。

インナードライ肌は毛穴の汚れや角栓のつまりにも影響してしまいます。

毛穴の汚れや黒ずみがなかなか良くならない方は、一度自分の肌の水分量を気にしてみると言うのも大切です。

インナードライ肌とは

インナードライ肌とは、肌に必要な水分が少なくなってしまうことで、外からの刺激に対して体を守ろうと皮脂が多く出てしまう事です。

つまり、肌の中は乾燥しているのに肌表面は皮脂で覆われてしまっている状態です。

肌の水分は、外の刺激や乾燥から体を守るために必要ですが「これ以上無くなったら守れなくなっちゃうよ~」と水分を蒸発させないために皮脂が多く出てしまうんです。

これがインナードライ肌。

インナードライ肌が毛穴を目立たせる

インナードライ肌のため毛穴が目立ってしまうことがあります。

なかなか毛穴の黒ずみや汚れがなくならない。

黒ずみはなくなってきたけど毛穴の開きが気になる。

そういった方は参考にしてみてください。

1、皮脂の分泌が過多

先ほども言いましたが、インナードライは乾燥から体を守ろうと皮脂を多く出してしまいます。

皮脂が多く出ることでファンデーションや日焼け止めが毛穴に詰まりやすくなったり、外の埃やチリなどが毛穴に溜まりやすくなります。

皮脂自体は乾燥から体を守るために必要なんですが、皮脂が多く出てしまうことでファンデーションや埃と言った物質が混ざりやすく、酸化しやすくなります。

酸化したものが毛穴の汚れや黒ずみです。

皮脂の分泌を減らすには肌にしっかり水分を与えてあげることが大切です。

皮脂が多くてすぐに毛穴が黒ずんでしまう時に、皮脂を根こそぎとっていました。実はこれが良くなかったんですよね。

肌の水分が増えると皮脂分泌が正常になってくるので、実は脂性の人にも肌の水分を整えるのは重要。

2、肌の弾力が減る

インナードライ肌は肌の水分が少なることで敏感になってしまいます。

「肌のバリア機能」というのを聞いたことがあるかもしれませんが、肌のバリアに大切なのが水分です。

肌の必要な水分が多いのが、肌の表面の角質層です。

肌の水分量がしっかり整っているというのはどういう事かと言うと、肌の水分が逃げないでととどまっているという事。

それに対して皮脂というのは、汗と一緒に流れたり拭ってもすぐに落ちてしまいます。

角質層にしっかり水分がないと、弾力に欠かせないコラーゲンやエラスチンなどが存在する、角質層のすぐ下にある真皮にも影響してしまうんです。

毛穴はもともと丸い状態ですが、肌の弾力がなくなると毛穴が楕円形になって広がります。

黒ずみはないのに毛穴が目立ってしまうのはこのためです。

こんな人はインナードライ肌かも

自分がインナードライ肌なのか、脂性なのかはなかなか見分けるのが難しいかもしれません。

最近は家でも使える肌の水分をはかる機械もありますが、自分の肌の状態でもわかることもあります。

・洗顔後すぐは肌がつっぱる

・夏はベタベタするけど冬は乾燥でカサつく

・シミが増えてきた

などです。

シミを予防するのも肌の水分が大切で、肌の水分が少なく肌の表面が整っていないと紫外線が肌の中まで届いてしまうのでメラニンが生成されてしまいます。

これがシミが出来やすくなる理由です。

メラニンは肌の奥の方で作られるので、ターンオーバーとともに表面に上がってくるまで時間がかかりますが、肌の水分が整ってくるとシミが薄くなることもあります。

インナードライ肌で毛穴が気になる人の化粧品対策

敏感肌用や乾燥肌用の化粧品は多くあります。

むしろ多すぎて何が良いか分からない!

インナードライは皮脂が多く出てしまいますが保湿も大切。

なんですが、その前に肌の角質層にしっかり水分が届いてとどまることが重要です。

保湿は肌の水分を蒸発させないために必要になるからです。

「保湿されてる」と思っていても、肌に水分が届いていなければ意味がないという事なんです。

乾燥肌、敏感肌、肌が荒れやすい人は表皮の角質が整っていないことが多く、肌の水分が抜けて行ってしまいます。 肌の水分を蒸発させな...

肌の水分量を上げるための化粧水や美容液を記載しているので参考にして頂けると思います。

まとめ

インナードライは敏感肌になりやすく、毛穴にも影響してしまいます。

・皮脂の分泌が多い

・洗顔後はつっぱる

・毛穴が目立ってしまう

そういった方はインナードライ肌かもしれません。皮脂の量ではなく、ぜひ水分の量を意識してみてください。

皮脂を取るような洗顔やクレンジングにも気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!