手荒れや肌荒れにワセリンは良いのか悪いのか。実際どうなの?

手荒れや肌荒れにワセリンを使う方もいると思います。

薬局で安価に購入できますし、皮膚科で処方されるものにもワセリンを精製したプロペトなどもあります。

私も手荒れがひどいときに皮膚科で勧められてワセリンを使ってました。

肌が荒れていた時には顔にも塗ってました。

が、色々な商品を使っていく中で「ワセリンって本当に手荒れに良いんだろうか?」と言う疑問をもちました。

ワセリンで良くなったという方もいれば悪化したという方もいるので、まとめてみました。

ワセリンって何

ワセリンとは、石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して精製したものです。

こう聞くと「石油からできているから危ない」みたいに思う人も多いかもしれませんが、最近では精製技術が発展していて肌への影響はかなり低いと言われています。

ただ、ワセリンの効果としては、皮膚に膜を張ることで皮膚を保護して水分の蒸発を防ぐことにあるので、皮ふに必要な成分を与えることではありません。

ワセリンで膜を張ることで手荒れや肌荒れが良くなる方もいますが、個人差は大きいと思います。

ワセリンの種類

ワセリンにはいくつか種類があって、精製による純度の違いによって変わります。

基本的には黄色ワセリンと白色ワセリンがあって、白ワセリンの中でも純度によって名前が変わります。

皮膚科で処方されるものはほとんどが白色ワセリンです。

大きく分けて、純度の低い順に

黄色ワセリン
白色ワセリン
プロペト
サンホワイト

となります。

黄色ワセリン

黄色ワセリンは薬局でも目にする商品で、白と言うよりも少し黄色ががった色をしています。

最近では小さいリップクリームも出ていますよね。

私はダメでした。

ちょっとした乾燥ならすごく良いんですが、めちゃくちゃ荒れてしまっている肌にはあまり効果は感じられませんでした。

今でも使うと痒くなってしまいます。

海外でクリームになっているものも買って試してみましたが、荒れていない乾燥している足やお腹には良かったです。

これもかなり個人差があって、黄色ワセリンはワセリンの中でもベタっとしているので膜を張る力は強いと思います。

なので、乾燥している手荒れや肌荒れには良いのかもしれません。

白ワセリン

「ワセリン使うならコレが良いよ」と友人に勧められて使っていたのが、この白ワセリンです。

薬局で買ってました。

黄色ワセリンに比べたら柔らかいので使いやすかったですが、「変わんないよ!!」と思いゴミ箱行き。

これも個人差あると思います。

私の手荒れはかなりほどかったので効かなかったんですが、黄色ワセリンでよりも痒くならない人もいると思います。

プロペト

プロペトは皮膚科に勧められて使っていました。

アマゾンや楽天で購入できるものを表示していますが、私が使っていたのは白ベースで青と水色のラインが入っているものです。

捨ててしまったので写真ないんですが、薬局で言ったら出してくれると思います。そんなに高くないです。

これも柔らかいので黄色ワセリンに比べると使いやすいです。

皮膚科に勧められたので使ってましたが、同時にステロイドも使ってました。

黄色ワセリンや白ワセリンに比べると痒みはあまりなかったですが、結局荒れている部分はあまり変わらずでした。

サンホワイト

プロペトを使ってた時点で、ワセリンはダメだと思っていたのでサンホワイトだけで使ったことがないのですが、皮膚科でステロイド剤と混ぜて処方して出された記憶があります。

プロペトだったのかも。ごめんなさいちょっと記憶があいまい。

黄色ワセリンに比べると使いやすいのは間違いないですが、膜を張る力は低くなると思うので乾燥具合にもよるし荒れ具合にもよるところはあると思います。

ワセリンでアレルギーは起こる?

近くでワセリンに対してアレルギーがあるという話は聞きませんが、敏感肌でかぶれてしまったという記事はたまに見かけます。

ワセリンが鉱物油からできているものでアレルギーがおこる可能性があるかもしれないとのこと。

私が思うにですが、ワセリンに対してかぶれたのではなく、ワセリンが膜を張る力が強いので汗が溜まったり熱がこもったりするからかぶれているのではないかな?と言うところは大きいです。

実際私はワセリンで痒くなります。

私自身汗で痒くなることがありますが、湿気が多い時期にワセリンを塗ると痒みが増すことが多いのでそうじゃないかと思ってます。

あと、熱がこもる感じはすごくあります。

皮膚科の先生に聞いたら、汗腺をふさいでしまい熱がこもることがあるそうです。

乾燥している時期ももちろん汗はかきますから、痒くなってかぶれることもあるかもしれないですね。

ワセリンでニキビ悪化

顔が荒れていた頃にもワセリンを塗っていましたが、ニキビが増えたこともありました。

これも汗腺や毛穴をふさいでしまうからです。

ワセリンが毛穴に詰まることで自分の皮脂も残ってしまいます。

また、膜を張るので汗が溜まって菌が繁殖しやすくなります。

乾燥している肌の方には良いかもしれませんが、混合肌や脂性の方は気を付けた方が良いと思います。

ワセリンで油焼けする?

最近では精製技術が上がり、油焼けはしないと聞きます。

これは私の実体験ですが。ワセリン塗ったら油焼けしました。

日焼けしてしまっただけだったのかもしれませんが、塗ると日焼けしやすいのかも。

日焼け止めも何も塗らないときよりも、ワセリンを塗った方が変な焼け方をしました。

顔に塗らなければ問題ないですが、ちょっと注意した方が良いと思います。

ワセリン塗る場合は日焼け止めも必要ですね。

ワセリン以外の保湿

私はワセリンは悪いという意見ではありません。

手荒れや肌荒れ具合による。ということと、めちゃくちゃ荒れている場合にはそれ以外の方法も考えても良いのではないかな。という事。

私の場合はそりゃもう荒れていたのでワセリンではだめでしたが、手や肌はあれていないけどすごく乾燥する。という友人はワセリンで回復しています。

荒れている方に、こちらでいくつか紹介しているので参考になればと思います。

あと、ベタつくのがすごく嫌と言う方にも使えるものも紹介しているのでよかったら見てみてください。

乾燥していたり、台所、洗濯、お風呂掃除など、水仕事でバリアの役割をしている皮脂がなくなり乾燥がどんどん加速。 ハンドクリームを...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!