オリゴ糖が便秘に効くとは思ってなかった!!【カイテキオリゴ】の違いにビックリ

カイテキオリゴ8

以前から、手荒れや肌荒れには腸内環境を整えると良いですよ。と言っているんですが、そんな中、自分が便秘になりました。

というのも、今まで飲んでいた乳酸菌がなくなり、ビタミンがなくなり、(電化製品が一気に壊れる感じ?)頼めば良いものの何日か調子が悪くなかったので「もう、飲まなくても大丈夫なのでは!?」と思ったら案の定便秘になってしまいました。

せっかく調子がよかったのに、ここでやめては元に戻ってしまう。と思い、友人から勧められていたオリゴ糖を試すことにしました。

今回試したのは「カイテキオリゴ」というオリゴ糖です。

いくつかオリゴ糖を試したことがあったんですが、全く効果がなかったので期待していませんでした。

が、オリゴ糖にも種類が合って、合う合わないがあるんです。「こんなに違うんだ!」と効果てき面だったので紹介です。

オリゴ糖が合わない方は種類の違いかもしれません。
その記事はこちら

公式サイト:カイテキオリゴ

液体のオリゴ糖と「カイテキオリゴ」の違い

カイテキオリゴ1

オリゴ糖と聞くと、シロップ状になっているものを想像してしまうのは私だけでしょうか。粉末になっているものがあるのを知りませんでした。

シロップタイプのものは、オリゴ糖のほかにもグラニュー糖などの甘味料や保存料などの添加物、水分なども入っていて、オリゴ糖自体は50%、その純度は30%も入っていないものがほとんどです。

そもそもシロップタイプのものは、毎日続けて便秘や下痢にならないようにする目的で「便秘や下痢を改善する」という目的での効果は薄いんだとか。

カイテキオリゴ」は粉末のオリゴ糖で、添加物も入っていません。

元々は、北海道の食品を扱っている会社だったんですが、北海道では有名な甜菜糖(ビート糖)をほかの業者から勧められ、このオリゴ糖を作ることになったんだとか。

「カイテキオリゴ」のすごいところ

カイテキオリゴ3

HPを見てもらうと分かるんですが、添加物が含まれてなく、オリゴ糖が99%で作られています。水分を飛ばすことで高純度のオリゴ糖を配合できるそうです。

配合されているものは6種類のオリゴ糖2種類の食物繊維

〈オリゴ糖〉
・ラフィノース
・ミルクオリゴ糖
・乳糖
・環状オリゴ糖
・フラクトオリゴ糖
・イソマルトオリゴ糖

〈食物繊維〉
・アカシア食物繊維
・難消化性デキストリン

この他にショ糖とありますが、ショ糖はラフィノースの原料で提示しなければいけないそうです。

腸に働きかける作用を分けている

カイテキオリゴ7

こんなに多くの種類のオリゴ糖を配合している理由は、腸内にいる善玉菌やビフィズス菌には好みがあるからです。

腸内の善玉菌は大腸内でも住む場所が違っていて、1種類では全ての善玉菌に届かないため、いくつかのオリゴ糖を混ぜて全てに効くように配合されています。

サラサラで扱いやすい

カイテキオリゴ6

右側が「カイテキオリゴ」、左側が他のオリゴ糖の商品。

粉末のオリゴ糖を使うときに、食べ物や飲み物に混ぜて使うことが多いと思いますが、粉末だからこそのデメリットは、水分を吸収すると「だまになる」ことです。だまになるので溶けていなかったり、湿気でべたっとしてしまいます。

その点「カイテキオリゴ」はサラッとするように作られてるので、湿気でもだまにならないように作られています。

「別にだまになってもいいじゃん」と思うかもしれませんが、けっこう違います。コップの中で最後まで残ってしまったり、片栗粉が溶けない感じと似ています。

「カイテキオリゴ」を試してみて

カイテキオリゴ2

実はこのボトルは専用保存ボトルなんですが、3カ月毎に3袋届くコースか、年間コースでついてくるものです。単品でボトルだけ買えるんですが、友人が間違えて単品で購入してボトルがダブってしまい、何かに使えると取ってあったものを譲ってもらいました。ラッキーです。

私は、試しにと思い1つだけ買いましたが、そういう方は、100均とかでも同じサイズくらいのものはありますし、袋のまま使う方もいるみたいなのでボトルがなくても問題ないと思います。

乳酸菌がなくなってから、5日間くらいは調子よく出てたものが、ある日急にでなくなりました。それと同時に、唇のはじが切れ始めました。

「明日は出るでしょう」と思いながら1週間。1週間後には出て、「明日からも問題なように」と願いながら1週間。

2週間で1回しか出なくなりました。

「カイテキオリゴ」を飲むようになって、効き始めたのは2日後でした。今まで出なかったので硬いものが出たんですがそれ以降は硬さもなく、柔らかいものが出ています。

1日目:出ず
2日目:硬いものが出ました。
3日目:出ず
4日目:出ました。
5日目:出ました。快調です。
6日目:出ました。ちょっとやわらかい。

こんな感じで1週間、最初は出ないことがありましたが、私の場合はその後調子よく出ています。

飲み方

カイテキオリゴ5 カイテキオリゴ4

専用のスプーンがついてきます。これにすりきれで5gです。真ん中に線が入っていて、そこで1gです。
オリゴ糖は難消化性のものが多いため、飲みすぎると逆に便秘になることがあるそうです。

1日5g~10gまでとあったので、朝、コーヒーに5g。夕食とともに水に5g。

オリゴ糖は熱に強い成分なので、水分以外にも何に混ぜても問題ないです。

ただオリゴ糖は、腸内に住む善玉菌のエサになるので、善玉菌が少ない場合は効くのに時間がかかるります。ヨーグルトやぬか漬けなどの発酵食品、乳酸菌のサプリメントなどと一緒に摂ることで効果は上がります。

私の場合は、「カイテキオリゴ」だけでした。2週間に1度の便意でも効果があったので、試してみる価値はあるんじゃないかなと思います。

料金

単品:¥2838(税別、送料別)
お試し定期コース:10%OFF ¥2554(税別、送料別)いつでもストップ可能。
定期コース、3カ月毎に3袋:15%OFF ¥2412(税別、送料別)3回以上の継続が必要。
年間コース、毎月1袋:20%OFF 支払いは3カ月に1回 ¥2270(税別、送料別)2巡目で¥2500割引き)途中解約できません。

効果が感じられず、25位日以内であれば1個分の商品返金保証もありますので安心です。

私は、合う合わないが気になったので、単品で購入しましたが、自分に合っていたので定期コースに変えようかと思っています。

今まで試したものに比べる、高くないので続けやすいと思います。

また、妊婦さんや赤ちゃんにも安心して使用できますし、実はオリゴ糖には、ダイエット効果があると言われています。

妊娠中・ダイエット中でも使える健康食品

注意点

子どもが飲む場合

成人の1日の目安が5gなので、子どもが飲む場合は2~3gからはじめること。赤ちゃんの場合は1gで飲み始めて様子を見ましょう。

原料に乳酸品

「カイテキオリゴ」をは原料に牛乳を含むオリゴ糖が配合されています。乳製品に含まれるアレルギーの原因になるたんぱく質は排除しているそうですが、アレルギーは個人差があり、少量でも出る方は出てしまうもの。心配な方は医師への相談を。

1日に摂る容量

オリゴ糖は難消化性のため、摂りすぎると便秘になったり、下痢になることがあるので、摂り過ぎには要注意です。

まとめ

私のように、スーパーで買ってみて効果が感じられなかった方や、色々試してみたけど効果がなかった方などに試してほしいオリゴ糖です。

自分に合ったものを見つけるのは大変ですが、腸内環境は、手荒れや肌荒れ以外にも爪や髪の毛にも影響してくるので、合ったものを見つけるのが改善につながります。

公式サイト:カイテキオリゴ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!