肌が荒れているときのオーガニック化粧品ナチュラル化粧品の選び方

肌が弱く敏感肌だと悩むとき、手荒れにも悩むとき、オーガニックやナチュラルとものを選ぶ方も多いと思います。

実は、オーガニック化粧品やナチュラル化粧品と言っているのに、中には肌荒れしているときや敏感肌の方には影響してしまうものが入っていたりすることがあります。

オーガニックコスメやナチュラルコスメを選ぶときは、パッチテストも大切です。

オーガニック化粧品とは

使用している原料が無農薬無化学で育てられたもので、科学的な成分を使用せずつくられていて、人間が本来持つ自然治癒力を高め、回復しながらケアしていく化粧品のこと。

欧米には国が認定している「オーガニック認証」を与える認証制度がありますが、その内容は国により違います。

そして、オーガニック認証を取る場合には高額な審査料がかかることから、海外のオーガニック化粧品の値段は高いことがあります。

また、国によっては何%か化学肥料の使用を認めている機関もあります。

オーガニック認証の制度は日本にはなく、オーガニック成分を1%でも使用していれば「オーガニック化粧品」といえてしまいます。

ナチュラル化粧品とは

自然由来の原料を使用し、なるべく化学成分を抑えて作られる化粧品のこと。

オーガニック化粧品と同様に、日本には明確な基準がないため、自然由来の成分を1%でも使用していれば「ナチュラル化粧品」といえてしまいます。

どのくらい化学肥料を使っていないのか、どのくらい自然のものを使用しているかはメーカーの判断に任せられています。

ですので、オーガニック化粧品やナチュラル化粧品を選ぶときは、安心して信頼できるメーカーであることが大切です。

自然のものはアレルギー反応を起こす植物を使用していることがあるので、自分はその植物に対して反応しないかどうか、パッチテストなどをして肌に合うものを選ぶことが大切です。

その中でも、一番先につける日焼け止めや下地などの選び方は重要です。

手や肌が荒れているときには洗顔料や化粧水などももちろんですが、皮膚の状態が正常でないときには日焼け止め選びも大切です。 一日ず...

オーガニック化粧品・ナチュラル化粧品の選び方

日本では2001年までは、国で定めた有害化学物質で、皮膚に障害を及ぼす可能性の成分。「表示指定成分」を容器などに明記する義務がありました。

現在では廃止され、その代わり化粧品の容器やラベルには全成分を表示することが義務付けられています。

化粧品を選ぶとき、私たちは自分自身で見極めなくてはならなくなりました。しかし、何の成分が良くて何の成分が悪いのか表記を見て見極めるのは結構難しいですよね。

界面活性剤、保存料、着色料などがありますが、化粧品の中に入っている成分を細かく分けていくと何千にもなります。
全部は覚えられませんが、代表的なものをあげていきます。

合成のもの

・石油系合成界面活性剤

化粧品や洗剤などの生活用品には、水と油を分離させないように混ぜるための界面活性剤が使用されています。

その中でも、石油系合成界面活性剤は肌の皮脂となじんで、角質層を破壊して肌のバリアを壊してしまうと言います。健康な肌には影響がないかもしれませんが、荒れていたり敏感肌には刺激になることがあります。

・スルホン酸ナトリウム
・セチル硫酸ナトリウム
・パレス-3硫酸アンモニウム
・パレス-3硫酸ナトリウム
・ラウリルエーテル硫酸ナトリウム
・ラウリル硫酸アンモニウム
・ラウリル硫酸トリエタノールアミン
・ラウリル硫酸ナトリウム
・ラウレス硫酸ナトリウム

・パラベン類以外の防腐剤

パラベンとは、化粧品に多く含まれている防腐剤ですが、防腐剤を含まない化粧品はほぼありません。もし、あったとすれば、1週間か2週間ほどで腐ってしまいます。

最近ではパラベンフリーなども多く出ていますが、パラベンの代わりに違う防腐剤が使用されていることがほとんどです。

防腐剤は入っているか入っていないかというよりも、配合量が少ないものが良いとされます。これも成分表には記載がないのでメーカーに問い合わせないとわかりません。

・安息香酸
・安息香酸ナトリウム
・イソプロピルメチルフェノール
・クロルヘキシジン
・フェノキシエタノール
など

ただ、まれにパラベンのアレルギーになってしまう方がいます。オーガニック化粧品を使おうと思う方は天然の保存料が入っているものを選ぶといいと思います。

・合成着色料

化粧品はもちろん、食品にもよく使われている着色料ですが、石油系の合成着色料(タール色素)はアレルギーの原因になるものや、遺伝子に影響になるものがあることが分かっています。また、化粧品ではシミの原因になるとも言われています。
北米では使用禁止になっているもので、日本ではなっていないものもあります。

・赤色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色104号、赤色105号、赤色106号
・黄色4号、黄色5号
・緑色3号
・青色1号、青色2号

・合成香料

合成香料も、主に石油から作られるものが多く、アレルギーの原因になるものもあります。また、ホルモンの分泌にも影響し、発がん性もあるものがあります。

・アニスアルデヒド
・アネトール
・シトラール
・ネロール
・ピペロナール
・リモネン
など

天然のもの

・天然界面活性剤

・ペプチド
・サポニン
・レシチン
・石けん素地
・カリ石けん素地
・オレイン酸K、Na
・パルミチン酸K、Na
・ヤシ油脂肪K、Na
など

・天然防腐剤

・ローズマリーエキス
・ティトリー油
・セージ油
・熊笹エキス
・ヒノキチオール
・グレープフルーツエキス種子エキス
・天然ビタミンE
など

天然着色料

・紅花
・マイカ
・カルミン
・酸化鉄
・カプサンチン
・クロロフィル
・クルクミン
など

天然香料

動物性や植物性がありますが、植物系の天然香料とは、いわゆるエッセンシャルオイルのことです。

・ローズマリー油
・ネロリ油
・イランイラン油
・ラベンダー油
・ゼラニウム油
・ベルガモット油
など

・美白を望める天然成分

・ソウハクヒ
・甘草
・大豆エキス
・イチョウエキス
・モモ葉
・アンズ

まとめ

オーガニックやナチュラルと言われている化粧品や洗剤などの日用品を選ぶときは、口コミやネットで良いとされているものを求めることも良いですが、 是非成分を見比べて選んでみてください。

カタカナがいっぱいで大変ですが、慣れてしまえばこの先も見極めるのに役に立つと思います。
そして、安心してメーカーを見つけることも大切です。

入っている植物にアレルギーが出ることもあるので肌が弱い方、敏感肌、荒れているときには必ずパッチテストもしましょう。

【手荒れや肌荒れを早く改善したい方のおすすめアイテム】

体の中から体質改善したい方におすすめのアイテムを紹介したいと思います。 体質改善と言っても体質は人それぞれ違います。手荒れや肌...
手荒れも肌荒れも、肌が乾燥していたり敏感になっていることがほとんどです。 手荒れや肌荒れは、ビタミンミネラルが不足していて皮ふ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!