金属アレルギー、触れていないのに肌や手が荒れることがある

金属アレルギーというと、ネックレスで首が痒くなったり、ピアスで耳たぶが荒れたり、ベルトでお腹が赤くなったりと、触れた部分にかゆみや湿疹が出ると考えると思います。

手荒れや肌荒れの原因の中には、金属に触れていないのに金属アレルギーでなってしまっていることがあるんです。

食生活や生活習慣を変えたり、色々検査してるのに中々改善されない場合は一度疑っても良いかもしれません。

金属アレルギーので手荒れや肌荒れが起こる

金属アレルギーは、金属に触れた部分がかゆくなりかぶれたり湿疹が出てしまったりしますが、この場合本人にもわかりやすいので、その金属を避ければ問題ありません。

しかし、粘膜に触れている場合、金属が溶けだして血流によって体中にに運ばれ、全身がかゆくなったり、湿疹がでたり、触れていない部分に症状が出ることがあります。

原因が金属だとわかりにくく判断しにくくなります。

接触した以外の部分に出る原因

この場合に注意したいのは、食事や歯の詰め物、まれに骨折などで埋めたボルトなどが原因になります。

食品の多くには、金属が含まれていて、接触性の金属アレルギーになりやすい、ニッケル、クロム、コバルトなども食品に含まれています。その他にも銅や亜鉛を多く含む食品にも注意が必要です。

汗で出た金属のアレルギーで、肌がかぶれることがあり、汗をかきやすい手のひらや足の裏、指の間などに水泡ができることがあります。

歯に詰めた金属が原因の場合も、その金属が少しづつ溶けていくので少しづつ体内に蓄積されていき、時間がたってから体に現れることがあります。そのため、何年も前に入れた金属が原因であることに気付かないことが多いのです。

手足の水泡や、顔の湿疹が中々治らないなどという場合もあり、アトピーや主婦湿と間違われステロイド剤を出され使い続けてしまうこともあるようです。

どこに行けばよいのか。

まずは、近所で良いので、金属のアレルギーがあるかパッチテストをしてくれるお医者さんへ行きましょう。

皮膚科や内科でもパッチテストをしてアレルギーがあるかどうかが分かりますが、歯の中の詰め物が原因の場合には歯医者さんでパッチテストをしてくれるところに行くと、その後の治療もスムーズに進むと思います。

また、体の中の金属はパッチテストで陰性になることもあるそうなので、アレルギー外来やアレルギー科のある病院へ行くと他のアレルギーも調べられると思います。

慢性的な手荒れや肌荒れで、何が原因か分からない方は、可能性として金属アレルギーがあることを知っておきましょう。

【手荒れや肌荒れを早く改善したい方のおすすめアイテム】
体の中から改善したい方におすすめアイテム~症状別~
【手荒れ肌荒れ】手にも顔にも安心して使えるクリーム・オイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!