乾燥による手荒れは乾燥させないことから始めよう!乾燥させない対策

乾燥すると手が荒れてきますよね。カサカサ、ガサガサ。ひどいときにはひび割れやあかぎれなども起こしてしまう乾燥。

秋口から冬場に多く出やすい乾燥の手荒れですが、実は夏場のエアコンなどが原因でも乾燥してしまい、手が荒れてしまうことがあります。

そして、水に触れることでさらに乾燥を招いてしまいます。

乾燥させないように対策すること。すでに乾燥している方は悪化する前に対策することが大切です。

アルコール消毒をしない

ビルの入り口、飲食店の入り口、いろんな場所に置いてあるアルコール消毒。

乾燥の時期は風邪やインフルエンザ予防に用いますが、手荒れを起こしている方は注意です。

アルコール(エタノール)は揮発性が高いため、乾きが早く使いやすいですが、揮発するとき、同時に手の油も飛ばしてしまいます

ひび割れなどされている方は、そこがしみてしまい腫れあがることもあります。手が荒れているときは避けた方がいいでしょう。

どうしてもアルコール消毒をしならない方は、スキンケアをしっかりしましょう。

こまめに保湿

水仕事による手荒れ対策でも触れましたが、とにかく保湿が大切です。ハンドクリームやオイルなどをこまめに塗りましょう。

ワセリンを使う方もいらっしゃると思いますが、ワセリンは外側に膜を張るような効果だけなので、化粧水や美容液などをつけてから塗ると効果的です。

乾燥していたり、台所、洗濯、お風呂掃除など、水仕事でバリアの役割をしている皮脂がなくなり乾燥がどんどん加速。 ハンドクリームを...

冬の外出時はには欠かせない手袋ですが、実は結構蒸れています。

蒸れているということは、汗をかいていることですが、乾燥している冬場は汗がすぐ蒸発してしまいます。これが乾燥を進めてしまいます。室内に入って手袋を脱いだら、すぐに保湿するようにしましょう。

冬は加湿器を使用

昔はストーブの上にやかんを置いてましたが、それが乾燥対策につながってました。最近はエアコンなどの暖房器具が増えてきて、乾燥しているのにさらに乾燥させてしまっている状態になっています。

加湿器は、そんな冬場には必須アイテムです。

加湿器も、手入れをしないと雑菌が増えてしまい、逆に体に悪影響を及ぼす可能性があります。こまめに掃除を心がけるようにしましょう。

※ここでの注意
乾燥対策で必須アイテムな加湿器ですが、加湿器がある場所から外へ出ると乾燥が進みます。これは水分が蒸発するからです。

外出する前は、保湿をしてから外出しましょう。できれば、手にかかわらず全身がお勧めです。

会社や外出先にいる場合は、服で覆われていない部分(手や顔、スカートをはいている方は足も気をつけた方が良いかもしれません。)は塗ることをお勧めします。

入浴剤は保湿力の高いものを!

入浴後はどうしても皮脂が流れてしまい、乾燥の原因になります。そんなときは保湿力の高い入浴剤でお風呂に入ってみてはどうでしょうか。

今では年中ドラッグストアで見ることができます。夏場でも、入浴剤は保湿力の高いものを使うと秋冬に向けての予防になります。

肌が弱い方や、アレルギー体質の方は刺激の弱いものをお勧めします。

ミョウバンなども効果的です。シャンプーやボディソープも見直してみると改善につながるかもしれません。

※ここでの注意
お風呂上りにしっかりふいて水分が残っていない状態でも、皮脂が流れてしまった皮膚は水分の蒸発が早くなります。

お風呂上りに保湿をする時間は10分以内です。10分以降は乾燥が始まり、20分後にはお風呂に入る前よりも乾燥してしまいます。

乾燥肌や敏感肌の方は、お湯に長く浸かっていると乾燥してしまって出た後に痒くなったり、アトピーやアレルギーで荒れる方は、お風呂に入ると...

就寝時にはハンドクリームと手袋

就寝時は加湿器も消しますよね。そして、寝ている時間に皮膚が生成するので、この時間に手が乾燥していないことが大事です。

初期の方は、ワセリンでも効果があると思います。

「ガサガサしてきてしまった」「ひび割れてきてしまった」そんな方は、浸透性の高いハンドクリームをしっかり塗り込むようにしましょう。

ただ、痒みががひどい方は就寝時は体温が上がり、手袋をしているとさらに手先に体温がこもってしまい痒さが増すことがあります。

実際私も痒みの手荒れで、毎朝、手袋は外れてました。そして、手をかいてしまって血だらけという状況でした。

そうなる前に初期段階での対策が有効的です。

手荒れに使おう!化粧水・オイルでも触れましたが、しっかりと化粧水の成分を浸透させることで手に潤いが戻ってきます。 朝はしっとり...

夏は紫外線予防

夏の紫外線は手に限らず、全身の肌からコラーゲンなどを破壊しビタミンも奪ってしまいます。

そのため、肌が弱い方やアレルギーがある方は、紫外線による湿疹や手荒れにまで影響して荒れてしまう方もいます。

紫外線対策が手荒れ対策につながります。夏場の外出時は、しっかり肌をガードしましょう。

※ここでの注意
夏場の疲れが秋口に出るように、夏の紫外線による肌への負担が乾燥する秋口から現れます。

夏は湿気もあり乾燥していないように思いますが、すでに乾燥は始まっています。紫外線対策は乾燥対策と思いましょう。

手や肌が荒れているときには洗顔料や化粧水などももちろんですが、皮膚の状態が正常でないときには日焼け止め選びも大切です。 一日ず...

まとめ

一度乾燥してしまうと、乾燥は急激に進みます。そして元に戻すのは中々大変です。まずは乾燥させない対策から始めましょう。

でも、絶対に乾燥させないというのは難しいですよね。

乾燥してると思ったらすぐに対策することで、手荒れの広がりを防ぐことができます。こまめに心がけていきましょう。

乾燥で手が荒れている方にお勧めなのが「ファムズベビー」です。水をはじき8時間皮膚をガードしてくれます。花粉なども肌について痒みが増してしまい方にも使えます。

・職業的にアルコール消毒をしないといけない
・水やお湯を頻繁に使う
・何を塗っても乾燥してしまう

そんな方におすすめです。

「ファムズベビー」のレビューはこちら
公式サイト:【ファムズベビー】

【手荒れや肌荒れを早く改善したい方のおすすめアイテム】

体の中から体質改善したい方におすすめのアイテムを紹介したいと思います。 体質改善と言っても体質は人それぞれ違います。手荒れや肌...
手荒れも肌荒れも、肌が乾燥していたり敏感になっていることがほとんどです。 手荒れや肌荒れは、ビタミンミネラルが不足していて皮ふ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!