手荒れ肌荒れの日焼け止め選びは注意が必要!安心して使える国産日焼け止め

手や肌が荒れているときには洗顔料や化粧水などももちろんですが、皮膚の状態が正常でないときには日焼け止め選びも大切です。

一日ずっとつけているし、強いものは流しきれず手や肌に残る場合があります。

そのためにも安心して使えるものを選ぶのが大切です。高い化粧品を使う前に、日焼け止めで紫外線対策をしましょう。

日焼け止めを選ぶときの注意

紫外線で肌に負担がかからないようにSPFやPAの数値が高いものを選ぶ。というのはちょっとだけ間違い。

荒れた肌を紫外線で日焼けしないようにはできますが、日焼け止めが肌の負担になってしまうことがあります。

SPFやPAの数値が高いものは、肌が乾燥しやすく肌荒れの原因になってしまうんです。

そうならないためにもちょっとだけ注意して日焼け止めを選びましょう。

注意1:ナノ化について

肌の老化の60%以上は、、紫外線によるものだと言われています。

紫外線は皮膚の張りに必要なコラーゲンやエラスチンの分子を壊してしまいます。その結果乾燥が進み、硬くなったりしわができたりしてしまいます。

もちろん、最近はファンデーションやチークなどにも紫外線を防ぐものが増えています。

しかし何年か前に、日焼け止めに使用される酸化チタンや酸化亜鉛がナノ化され使用することが、体に悪影響があると言われ始めました。

これは、ナノ化したことにより、白浮きしなくなり少量で紫外線をカットできるなどのメリットがある裏に、体内の奥深くまで浸透して蓄積してしまうということです。

最近は、専門家により、「肌は通り抜けない」「体内には悪影響はない」などの声もあります。

しかし、ナノ化されたものはインフルエンザウィルスよりも小さいため、日焼け止めでもスプレータイプのものやパウダーのものは、口や目や鼻から侵入しやすくなります。

ナノ化されたものは、表記では判断がつきません。

その会社に問い合わせるか「ナノ化されていません」という表記のものを選ぶかになります。

心配な方はできるだけナノ化されていないもの、オーガニックやナチュラルのものなどを選ぶと良いかと思います。

心配して使うより、安心して使えるものが良いですよね。

注意2:SPFとPA

紫外線には波長が長いA波UVAと、波長が短いB波UVBがあります。

簡単に言うと、

SPFはB波を防ぐもの。
・PAはA波を防ぐものです

必ずしも数値が高い方がいいものではありません。

数値が高いものは、その数値をコントロールするために肌に負担になるような成分が含まれていることをお忘れなく。

SPFとは

SPFとは、肌が赤くなる(サンバーン)までの時間を表す数値です。

SPFは数値で表されます。

SPFの数値は、1=20分

ですので、SPF20は、20分×20=400分

という計算になります。

間違っていけないのは、日焼け止めを塗ってから400分日焼けをしないわけではありません。

400分後に皮膚が赤くなってくるという数値です。日焼けをして赤くなる時間は人それぞれなので、必ずしも全員が400分後ということでもありません。

PAとは

PAとは、紫外線を浴びて、メラニン色素が酸化され一時的に黒くなる(サンタン)までの指標です。

PAは+で表されます。

PA+=塗っていないときに比べて2倍~4倍遅らせます

これも人によって変わってきますが、何も塗っていない状態で、即時型黒化が現れるのは、2時間から4時間ほどですが、サンタンが起きる基準があいまいなため時間で表すのではなく、+(効果がある)++(かなり効果がある)などで表されます。

注意3:紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

日焼け止めを選ぶ際にはSPFPAといった数値を気にする方も多いと思います。

先ほども述べたように、必ずしも数や表示が多い方が良いわけではありません。

日焼け止めには、紫外線吸収剤紫外線散乱剤があります。

数値が高ければ高いほど紫外線吸収剤が使用されている可能性が増えます。

この紫外線吸収剤が肌に負担になると言われています。

紫外線吸収剤とは

紫外線吸収剤はその名の通り、紫外線を吸収して、化学反応で熱などのエネルギーに変え放散して紫外線が肌に浸透するのを防ぎます。

・オキシベンゾン
・シラソーマ
など

サラッとしていて使用感が良いものが多いですが、化学物質なので肌に負担をかけることもあります。

紫外線散乱剤とは

死骸錯乱剤とは、肌の表面で紫外線を跳ね返す成分です。

・酸化チタン
・酸化亜鉛
など

最近では、ノンケミカルや吸収剤フリーなど、敏感肌用、子供の肌用とした日焼け止めもありますが、最近は白浮きなどをしないようにナノ化されたものも出ています。

注意4:ビタミンCを飲むのは日焼けをする前

日焼けをしてしまってビタミンなどのサプリを飲む方もいらっしゃると思いますが、日焼け予防には効きますが、日焼け後のシミ予防には意味がないそうです。

飲むときは日焼け前。日焼け後はビタミンC配合の化粧水が有効的です。

肌に負担をかけないための日焼け止め選び

・SPFは高い数値でないものでも大丈夫です。
・紫外線吸収剤を使用していないものを。
・ナノ化されていないものを。
(ナノ化されている酸化チタンや酸化亜鉛は成分表で見分けることができません。)

ナノ化されているものの見分け方は難しい。コーティングにも注意

ノンナノと謳っているメーカーもあると思いますが、ナノ化されているものを見分けるのは難しくメーカーに問い合わせないとはっきりしないと思います。

なので、酸化亜鉛や酸化チタンがコーティングされていることが重要になります。

基本的なコーティング剤
・シリカ
・グリセリン
・アルミナ
・レシチン
・水酸化アルミニウム(金属アレルギーに方は注意です)
など

コーティング剤にも種類があり、敏感肌には良くないとされる合成ポリマーやシリコンなどもあるので注意が必要です。

安心して使える国産日焼け止め

日本のものでも海外のものでも、安心して使える。というのを見分けるのはけっこう難しいです。

(どうしても合う合わないもありますし、使ってみないと分からないところはありますが・・・。)

モノ(例えばオーガニックのサプリメントなど)によっては海外製品の方が試験や検査が厳しく安心できるものもありますが、サポートもしっかりしていて、直接問い合わせなどもできるのが国産のいい所じゃないかな。と思います。

海外の製品も、代理店がしっかりサポートしてくれるところは安心できます。

HANAオーガニック ウェアルーUV30ml SPF30 PA++ (定価 ¥4000 税抜き)

HANAオーガニック ウェアルーUV22

オーガニック植物エキスでできた美容液ベースの中に、ピュアなミネラルパウダーを入れてできたお肌に優しい日焼け止めです。紫外線吸収剤やタール色素・合成ポリマー・合成の保存料・合成香料などの石油由来成分、ナノ化原料を使用していないので敏感肌の方でも安心してお使いいただけます。また、マイカ、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄などの天然ミネラルパウダーが直接お肌に触れないように植物由来成分アミノ酸などでナチュラルコーティングしています。

HANAオーガニック公式サイトより

こちらも国産のオーガニックコスメのブランドです。

石油由来のものを使用せず、天然由来成分95%以上、植物原料85%以上を使用するといったこだわりがあります。また、100ナノメートル以下のものは使用していません。

HANAオーガニックの日焼け止めは、天然100% 植物成分のオーガニック比率:98.5%を使用しています。

HANAオーガニック ウェアルーUV 公式ページへ

洗顔、20g、化粧水、15mL、乳液、8mL、日焼け止め、3.5mLのお試しセットもあります。
HANAオーガニックトライアルセット

HANAオーガニックのウェアルーUVはクレンジングの必要もなく敏感肌にも安心して使える「天然100%、植物成分のオーガニック比率99...

MAM&BABY UVMILK 50ml SPF17.7 PA++ (定価 ¥4500 税抜き)


私のオススメ

「天然成分だけでSPF17.7」これが今までのUVクリームとの大きな違いです。合成の紫外線吸収剤、紫外線散乱剤を使用せず、 自然原料である”MAAS”配合のみで紫外線をカット。SPF数値の低いものでも、適切な量を均一にのばして、こまめに塗り直しをしていただくと、日常生活においては十分な効果が得られます。

MAM&BABY公式サイトより

MAM&BABYは、UVカット効果のある天然成分だけでSPF17の効果があります。

紫外線吸収剤、紫外線散乱剤を使用していないので、肌に負担をかけません。手や顔は特に日に当たりやすい場所なので、紫外線をカットしながら保湿もできる万能なクリームです。

洗い流さなくても良いし、寝る前のナイトクリームとしても使えます。

汗で流れやすいのでスポーツには不向きかもしれませんが、かゆさがある方や敏感肌の方、赤ちゃんの日常使いにおすすめ。

トライアルサイズもあるので試しやすいと思います。

公式サイト:天然成分100%のUVクリーム【MAM&BABY】

手荒れや肌荒れで悩んでいると日焼け止め選びって難しいですよね? 日焼け止めを塗ると、数時間後には塗ったところが乾燥してかゆくな...

ウェリナ・オーガニクス デイリーUVケア キスフォータウン45ml SPF20 PA++ (定価 ¥2800 税抜き)


ウェリナオーガニクス キスフォータウン 45ml

赤ちゃんや敏感肌の方もご使用頂けるミネラルを豊富に含むハワイアン海洋深層水と100%天然植物主成分の美容液ベースの美肌UVケア。紫外線からお肌をケアしながら癒すデイリーユースタイプ(SPF20、PA++相当)。お肌に理想的な保護膜を作り、有害な紫外線をブロックしながら潤いを与え若々しい肌へ導きます。洗い流す時は石鹸や洗顔で落とせます。

ウェリナ・オーガニクス公式サイトより

ウェリナは、ハワイで採取された植物原料と海洋深層水から作られる国産のナチュラルコスメのブランドです。

化学系薬品や保存料、副作用や刺激の考えられる原料を使用せず、地球にも優しく作るというこだわりがあります。

「生まれたての赤ちゃんが使えるものを」というコンセプトもあり、日焼け止めも赤ちゃんにも使用できます。このほかにもリゾート用のウォータープルーフのキスフォービーチ(SPF30、PA+++)や、赤ちゃんのためのベビーサンスクリーン(SPF15)あります。

※マンダリンオレンジ果実油は光毒性の無いフロクマリンフリー(FCF)成分です。
※天然植物成分から作られている為、概観にバラつきが生じる場合がございます。
※酸化チタンはお肌の細胞感の隙間に入り込むナノ化サイズの粒子ではございません。またお肌に直接触れぬよう天然成分でコーティングされた安心の原料です。

しっかり成分表期と、ナノではないことが分かります。

アムリターラ オールタイムパウダーサンスクリーン8g SPF38 PA+++(定価 ¥4300 税抜き)

紫外線吸収剤や酸化チタン、酸化亜鉛を使わずに、「酸化セリウム」という美容天然ミネラルのチカラで、SPF38 PA+++を実現した、UVパウダーです。100nm以下のナノ粒子を使用せず、ミネラルがお肌に直接触れないように、ココナッツオイル由来の天然成分でナチュラルコーティングしているので、とても優しい使用感です。
愛媛県で有機栽培された甘夏とオーガニックローズマリーのさわやかな香りを楽しみながら、お肌への負担なく紫外線を防ぎます。

アムリターラ公式サイトより

アムリターラは国産のオーガニックコスメのブランドです。

自社農園を持っていて無農園原料を使用した食品も取り扱っています。

ほかの化粧品も、石油系の合成界面活性剤や合成防腐剤、合成ポリマーなどを使用しないというこだわりと、さらに100ナノメートル以下のものも使用していません。

このパウダーサンスクリーンは人気のため欠品していましたが、再発売されましたね。また、詰め替えのものと専用パフが別売りであるのも使いやすいですね。

(国産じゃないけど)レジャーにお勧め

ソレオは海外メーカーですが、この商品を取り扱うお店がしっかりサポートをしています。

ソレオオーガニックス 40g SPF30+ PA++(定価¥2200 税抜き)

【soleo ソレオ オーガニックス】

肌に優しいミネラル成分の酸化亜鉛(紫外線反射剤)を使用し、紫外線を防止します。 白浮きしてしまうという欠点があった酸化亜鉛を、ソレオ独自の亜鉛技術(※1)により、マイクロファイン粒子まで細かくし、白くならない透明感のあるつけ心地を実現しました。

(※1)ソレオ独自の技術で、酸化亜鉛をナノ粒子より大きいマイクロファイン粒子まで細かくしています。

ソレオ公式サイトより

「ソレオ」は、皮膚がんが深刻なオーストラリアで生まれた日焼け止めです。

天然成分だけでウォータープルーフを可能にした珍しい日焼け止めです。普段使いにはもちろん、SPFやPAの数字が高い日焼け止めを使いたくない方、ウォータープルーフの日焼け止めを流すのにクレンジングを使いたくない方にお勧めです。

独自の酸化亜鉛の技術で白残りもしません。

内容量は40g、80g、150gの3種類。

公式サイト:【soleo ソレオ オーガニックス】

手や肌が荒れているときは、川や海と言ったレジャーに行くのが心配になってしまいますよね? 肌に優しい日焼け止めは汗や水で落ちやす...

ちょっと変わった日焼け止め

日焼け止めは塗るのが当たり前。そう思ってました。

2015年あたりから、飲む日焼け止めと言う当たらなジャンルが出始めましたが、最初は「怪しい・・・。」と思ってました。

ものはと思い試したら、これがなかなかの優れものでした。

飲む日焼け止め【インナーパラソル16200】定価¥7000(税抜き)

紫外線吸収剤や紫外線散乱剤を気にしないで、体の中から日焼けをストップ!!

セラミドやビタミンなども入っているので、肌が荒れていて強い日焼け止めを使いたくない人向けです。肌にも良い植物成分が入っています。

インナーパラソルはモンドセレクションも受賞しています。GMP基準認定衛生管理のHACCP有機JAS認定しています。放射線検査においても放射能は検出されていません。安心して飲めるサプリメントです。

ニュートロックスサンという成分が、飲み続けることによって活性酸素を除去してメラニンが黒くなるのを防げるというもの。

定期購入で安くなります。

公式サイト:【インナーパラソル16200forUV】

肌が弱かったり荒れていると、紫外線が強い時期に余計荒れてしまいませんか? もちろん塗るタイプの日焼け止も使うと思いますが、敏感...

まとめ

オーガニックと謳っているものでもナノ化されているものが結構あります。

悪いわけではありませんが、どこまで肌に影響するのかが分かっていません。

敏感肌やアレルギーがある場合には避ける方がよいとされています。

基本的に化粧品は2年ほど持つと言われていますが、そのために保存料がたくさん入っているものも多いです。

時間がたてば酸化するので、それを肌に塗ると返って肌荒れの原因になったり老化を早める原因になります。

できれば、ワンシーズンから半年を目安に使い切ることをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!