手や肌が荒れるのは毒素を出すのが苦手!?毒素を出すには?

手荒れや肌荒れに限らず、アトピー、花粉症などのアレルギーや、ぜんそくなどの呼吸器系が弱い方などは、毒素を排出する力が弱いと言います。

毒素が溜まったときに症状が出る場所は、自分の弱いところだと言います。

便秘になるとニキビや吹き出物ができる方は多いと思いますが、私の場合は手にも出ます。かゆくなり、指先や指の間がカサカサして、ひどいときは水泡が出来たりもします。また、肌のくすみ。体臭口臭が気になる。というのも毒素が溜まっているかもしれません。

毒素は、溜めないようにするのも大切ですが、生活習慣の改善はとても大変ですよね。「溜め込まない」というよりも、「溜めたものは出す」ようにすると、手荒れや肌荒れ改善に効果は期待できます。

毒素が溜まるってどういうこと?

毒素とは、「有害重金属」や「老廃物」、東洋医学において、余分な水分が体内に溜まる「水毒」などがあります。

食品添加物の食べ物や、有害物質などが増えているため、これらが、スムーズに体の外に排出されず、体内に溜まっていってしまいます。化学物質は特に、体内に入ると排出しにい存在で、徐々に体内に蓄積されていくと言われています。

便秘などで、ニキビができたことがある方も多くいらっしゃると思いますが、これも毒素が溜まっている状態。

排出されない毒素は、皮膚から出ることがあります。また、血管や細胞を傷つけたり、活性酸素を増やしたり、体にとっては良くないことだらけです。

毒素とは

毒素(一般的に)

・有害重金属(水銀、水道水などにに含まれる鉛、土壌や水などに含まれているカドミウムなど)
・排気ガス、ダイオキシンなどの有害化学物質
・残留農薬
・食品添加物
・ニコチン
など

これらの毒素は、活性酸素を発生させやすくします。症状としては、便秘肌荒れ免疫力低下、ひどくなると糖尿病高血圧うつ病なども関係していると言われています。また、一度体内の奥に入り込むと、排出するのが難しい毒素です。

老廃物

・二酸化炭素
・尿酸
・クレアチニン
・乳酸
・ピルビン酸
など

体は、代謝によりエネルギーや物質をを生み出します。老廃物とは、代謝によって必要で無くなったものや、腸内細菌の死骸などです。

本来は、便、尿、汗、たん、鼻水などで排出されます。しかし、過食で消化器官がつかれていると、排出がうまくいかなくなります。また、排出よりも蓄積する方が早いと、老廃物が溜まっていってしまい、炎症や発疹などで現れることがあります。

水毒

「水毒」とは東洋医学の考え方で、体内の水分が滞っていたり、本来あるべきところではないところに余計な水分が溜まった状態を言います。水分が滞り、余分な水分が溜まると水はにごり水毒になります。

東洋医学では、腎臓の働きが弱っていると水が滞ってしまう。余って溜まった水は濁り水毒になるとされています

症状としては、まずはむくみ冷え水ぶとりなどがあります。ひどくなると、めまい耳鳴りが起こることもあります。水分は重力によって下半身に溜まりやすいので、便秘生理痛膀胱炎なども水毒の症状と言われています。

また、水分が溜まった場所は、その部分を冷やします。その結果、冷え性や代謝が下がる原因になります。

「水毒」になりやすいタイプとしては、トイレの回数が少ない、汗をかきにくい、筋肉量が少ないなど。

水分とは、飲み物だけではなく、食材にも含まれています。毒素を排出しようと水を一杯飲み方は、水分の摂りすぎで逆に水毒になることがあるので要注意です。

毒素の排出先

便ー75%
尿ー20%
汗ー3%
髪ー1%
爪-1%

この数字を見ると便と尿で大半は排出されています。胃腸や腎臓がいかに毒素排出に大切か分かりますよね。
また、腎臓はホルモンの分泌に深いかかわりがあるので、腎臓に負担がかかると肌トラブルを起こしやすくなります。

毒素を出す方法

では、どのように体に溜まった毒素を排出すればよいかですが、

・血行血流をよくする。
・体を温める:飲み物は暖かい生姜湯やハーブティ、
汗を出す:運動、入浴、サウナ(低温サウナや岩盤浴でゆっくり汗を出すと、脂肪細胞に溜まった毒素が流れ出しやすい。)

これらは関連してますよね。体を温めるには、温かいものを体内に入れる(食べ過ぎは厳禁)、汗を出すということは、体が温まるということ。そうすることで血行が良くなります。

食生活の改善

残念ながら、便や尿が毒素排出が多いので、毒素を排出しようと思ったら食事を変えることが大事です。
(残念ながらというのは、食生活の改善は意識的にしないと難しく、けっこう大変だからです。)

毒素排出というよりも、排出する時期は、体に負担にならない食事を心がけないといけません。普段からお菓子や甘いものを良く食べる方、肉や油が多い食事をしている方は、食事の見直しが必要です。

お菓子や肉などは、消化に時間がかかり、消化しきれないまま次の食事をしてしまう。こういった食事が続くと、消化に必要なビタミンや酵素が減ってしまいます。そのため消化する力が弱まり、どんどん毒素が溜まっていってしまいます。

どのような食事をすればよいか

食物繊維の摂取

腸に運ばれた老廃物や毒素などの排出を促し、腸内環境を整えるものとして、食物繊維(米ぬかや玄米に多く含まれるセルロース、りんごのペクチン、リグニン、こんにゃくのグルコマンナン、海藻のカラゲナンなど)があります。

食物繊維は、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維がありますが、両方バランスよく摂るのが毒素を出すのに効果的です。

気をつけなければいけないのは、便秘を改善しようとして不溶性食物繊維を多く摂ってしまうと、消化しない分便秘になってしまうことがあります。消化力が弱っている方は水溶性のものをる方が賢明です。

乳酸菌の摂取

腸機能の回復、腸内環境を良くするのに、乳酸菌の摂取も大切です。

乳酸菌は発酵食品に多く含まれています。食べ物の消化には合う合わないと個人差があるので一概には言えませんが、動物性のものは(チーズやヨーグルトなど)、消化に時間がかかるので、漬物や味噌、ザーサイやキムチなどが良いかもしれません。、

腸が強いと消化能力も高まります。また、花粉症などのアレルギーにも腸内環境は関係しているので、普段から乳酸菌は摂ると、アレルギー改善にも効果が期待できます。

乳酸菌やビフィズス菌は、年齢とともに減少してしまいます。サプリメントも多く出ているのでサプリメントでの摂取も良いと思います。

乳酸菌サプリメントおすすめは乳酸菌革命

レビューは
こちら

酵素の摂取

消化に欠かせないのが酵素です。細胞の浄化や活性化にも役立っています。

体内酵素もビフィズス菌などと同様に、年齢とともに減少していきます。また、ビタミンやミネラルも酵素がないとうまく働くことができません。

消化吸収に酵素が欠かせませんが、酵素を外から摂ることで体内の酵素を消費に使わずに済みます。

酵素が多く含まれる食品は、生の野菜や果物、発酵食品です。酵素は熱に弱く、50度近くになると壊れてしまいます。生で摂ることをお勧めします。

最近では酵素ドリンクやサプリメントも多く出ていますが、試した中で即効性を感じるのは酵素ドリンクです。

私の場合、疲れやちょっとした刺激ですぐに手が荒れてしまいます。爪周りや指の間によく水泡ができるんですが、今のところこれが1番即効性あります。

顔のできものや唇の端が切れてしまう時も酵素ドリンクで治します。

ちょっと高いですが常温で2年持つので「毎日飲む」というより、症状が出たときに飲みます。常備してるって感じです。

酵素ドリンクでファスティングしたら手荒れが良くなったっていう口コミはたまに見かけます。

私が飲んでるのは【優光泉】

酵素ドリンク試した話はこちら

不飽和脂肪酸(αリノレン酸、DHA、EPAなど)の摂取

油は消化に時間がかかると言いましたが、あまりに油を食べないと肌がカサカサになってしまいます。

オメガ3系のαリノレン酸などの不飽和脂肪酸には、血中の悪玉コレステロールを減らし、血管を柔らかくする効果、アレルギーやアトピーなどの改善効果があるとされます。

油の話はこちら

毒素排出に役立つ食品

根菜類:にんじん、大根、白菜、ゴボウ、レンコン、カブ、らっきょう
イモ類:さつまいも、山芋、長芋、コンニャク
葉茎菜類:玉ねぎ、ねぎ、ニンニク、にら、ブロッコリー、カリフラワー、アスパラガス、キャベツ、ほうれん草、セロリ、モロヘイヤ、小松菜、もやし、
果菜類:きゅうり、オクラ、冬瓜、トマト、アボカド
香辛類:しそ、しょうが、わさび、
豆類:黒豆、小豆、納豆、高野豆腐、湯葉、
海藻類:わかめ、昆布、かんてん、
キノコ類:なめこ、しいたけ、きくらげ、
香辛類:しそ、しょうが、
種実類:梅、クコの実、松の実、ごま、
その他:豚肉、魚介類、発芽玄米、麩

スーパーで買えるものなので簡単です。

ただ、野菜に多く含まれる酵素は熱に弱いので生で食べるのがおすすめです。体を冷やさないように野菜室から出して常温にしておくか、スープにして食べると良いかな。と思います。この時スープも飲み干すと効果的。塩分には気をつけましょう。

その他にも果物にも多く含まれているので、朝は果物、夜は野菜スープなどお好みで良いと思います。

・プチ断食(長期の断食は自分でするのは危険です)

食事をすると、消化するのにエネルギーが使われます。この時、消化器系の内臓がエネルギーをたくさん使うので、筋肉や脳などに使うエネルギーが減ってしまいます。

内臓を休めることで他にエネルギーがまわり、毒素を排出しやすくなります。私も経験があるのですが、食べないときの方が便の出が良かったりすることがあります。

忙しくて朝ごはんやお昼を抜くことがある方も、その後の食事も大切です。ドカ食いや油ものを食べてしまっては余計毒素が溜まりやすいので気を付けましょう。そして、ただ、食べないだけ。というのは良くないので気をつけましょう。肌のカサつきやたるみの原因にもなってしまいます。

長期の断食は個人でやると栄養が不足しすぎてしまうので危険です。なので、断食と言っても1日か2日。お勧めは断食よりも、1日のうち1食か2食を置き換えるものが良いと思います。

置き換え

置き換えの良いところは、消化に負担がかからないものを胃に入れることで、その分排出にエネルギーを使えることです。

普段の食事が多かったり暴食してしまうと、消化・吸収してから排出が追い付かず、便秘などになり毒素が溜まっていってしまいます。消化に負担にならないものに置き換えることで、腸内のスムーズな流れができます。

毒素排出に有効的な置き換えるものとしては、にんじんジュース、りんご、青汁、酵素ドリンクなどがビタミンミネラルも摂取できて、腎臓にも肝臓にもに負担がかかりません。

私は置き換えで肌荒れが回復しました。
その記事はこちら

その他にも、普段の飲み物を「生姜湯」に変えると体も温まりますし、代謝UPや利尿効果があるので良いと思います。最近は生姜紅茶や生姜湯は、スーパーや薬局に並んでいるので求めやすいですよね。

まとめ

食事の改善は難しいかもしれませんが、ずっと続けるのでは大変ですよね。とりあえず1週間。それでも難しい場合は、運動やサウナをいつもより多くするなど、自分に合ったものを見つけるのも大切です。

一度「自分にはこれが合っている」というのを見つけると、今度毒素をため込んでしまった時にも素早く対応できます。
全部ではなくて良いと思います。あまり無理をするとストレスにもなりますからね。

【手荒れや肌荒れを早く改善したい方のおすすめアイテム】
体の中から改善したい方におすすめアイテム~症状別~
【手荒れ肌荒れ】手にも顔にも安心して使えるクリーム・オイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!