妊娠中・授乳中の手荒れや肌荒れの為に青汁【GREEN MILK】子供にも安心

妊娠中や産後の授乳時期に手荒れや肌荒れがひどくなる。

胎児や赤ちゃんのことも考えると、ステロイドやサプリメントはやめた方が良いか悩んでしまいますよね?

そんなあなたにおすすめなのが「GREEN MILK」の青汁です。

妊娠中や産後は、ホルモンのバランスが乱れ肌が敏感になります。青汁も色々ありますが、「GREEN MILK」は、妊娠中や授乳中に必要な栄養素がたっぷり入っています。

公式サイト:グリーンミルク

妊娠中や産後に手荒れや肌荒れがひどくなるわけ

妊娠中や産後は、体質が変わったり環境が変わることで、今までなかった手荒れや肌荒れが起こりやすくなります。

また、アレルギーなども悪化しやすく、今までよりもひどくなることもあります。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠するとプロゲステロンというホルモンが急増します。

生理前になるとニキビや吹き出物が出たり、肌が荒れたりすることがありますが、これもプロゲステロンの分泌量が増えているからです。

プロゲステロンは、皮脂の分泌やメラニンの生産を促すのでニキビやシミなどもできやすくなります。

産後は、このホルモンが急激に減ります。ホルモンのバランスが安定していない状態です。

ホルモンバランスの乱れは自律神経にも影響してきます。自律神経が乱れることで手荒れや肌荒れを起こしやすくなります。

カルシウム、葉酸、鉄分、ビタミンなどの不足

妊娠中や授乳中は赤ちゃんに栄養を補給するため、お母さんの栄養が少なくなってしまいます。

特にカルシウム、葉酸、鉄分が減ります。これらは骨や肌を作るのに非常に大切な栄養分です。

また、妊娠中には食べ物の好みが変わったり、つわりで食べられなることがあります。栄養のバランスが悪くなり、ビタミンやミネラルが不足しがちになります。ビタミンが減るとカルシウムや鉄の吸収を妨げてしまいます。

産後は、赤ちゃんの世話などで食事を作る時間がなかったり、軽く食べられるパンなどで済ませてしまったり、なにかと食事をおろそかにしてしまいがちです。

このように、栄養不足が原因で手荒れや肌荒れになることがあります。

便秘

妊娠中には、プロゲステロンの影響で腸の動きが鈍くなります。また、子宮が大きくなることで腸が圧迫され、便秘になりやすくなります。

産後の授乳時期は特に、授乳により水分を奪われ便秘になりやすくなります。

便秘は体内に毒素が溜まっている状態なので、手荒れや肌荒れを起こしやすくします。

ストレス

妊娠中や産後は、環境の変化や生活スタイルが変わり、自分で思っているよりもストレスが溜まっています。

また、ホルモンバランスが乱れていると自律神経のバランスが乱れ、ストレスになります。反対に、ストレスなどで自律神経のバランスが崩れると、ホルモンの分泌にも偏りが出てしまいます。

疲れていたりストレスが多いと、免疫力も下がってしまいます。皮ふの抵抗力が落ち肌が荒れやすくなるうえ、アトピーやアレルギーが悪化したり、内臓にも負担をかけることになります。

妊娠中や授乳中に「GREEN MILK」が良いわけ

グリーンミルク1
・国産100%無添加
・DHA・EPAが配合
・カルシウムが牛乳3本分
・58種類の野菜発酵酵素を配合。
・有機栽培、国産の大麦若葉(九州産)を使用

国産100%無添加

妊娠中や授乳中のお母さんや赤ちゃん、子どもにも安心して飲めるように、不必要なものは添加されていません。

・化学調味料不使用
・人工甘味料不使用
・合成保存料不使用
・合成香料不使用
・農薬不使用

DHA・EPA配合

「GREEN MILK」には、DHA・EPA含有精製魚油が含まれています。

DHAやEPAは、サバ、アジ、イワシ、サンマ、本マグロ、ぶり、さけ、まだいなどの青魚の背に多く含まれる脂肪酸です。摂取しようと思ったら、魚を主に食べなければいけません。

最近の食事は、欧米化の影響で魚を食べる機会が減ってきているため、昔に比べてDHA・EPAの摂取量も減ってきていると言われています。

DHA・EPAは、アレルギー抑制効果、視力回復効果、がん抑制作用、中性脂肪やコレステロールを下げるなどの働きがあります。その他にも、ホルモンのバランスや自律神経の乱れを整える効果的です。

また、神経系の細胞の成分になるので脳の働きが活性化するのに役立ちます。妊娠中の胎児や授乳中の赤ちゃんの脳細胞を増加、脳の発達にもDHA・EPAは役立ちます。

カルシウム

妊娠中や授乳中のに不足しがちになるカルシウム。「カルシウム不足は、骨の成長や密度にも影響します。育ち盛りの子供や、骨の密度が低くなるお年寄りにも必要です。

「GREEN MILK」1杯で、牛乳3杯分も摂れてしまいます。

58種類の野菜発酵酵素

野菜の発酵酵素は、ビタミン、ミネラル、カルシウムなどの栄養が凝縮されています。また、消化にも良いため便秘症化にも役立ちます。

栄養が摂れるので、免疫力の低下や肌荒れなどを防いでくれます。

国産有機大麦若葉

大麦若葉もよく青汁に入っていますよね。ケールに比べて飲みやすいく最近ではよく使用されています。

その効能は幅広く、便秘改善、デトックス、ダイエット、老化防止、新陳代謝UP、動脈硬化予防、疲労回復などがあります。

・抗酸化作用
・ベータカロチン、ビタミンA、B群、C、E、葉酸、カルシウム、カリウム、マグネシウム
・食網繊維が豊富
・SOD酵素

栄養素が高くビタミンも豊富なので手荒れや肌荒れを改善・予防するのに助かります。

「GREEN MILK」を試してみました

グリーンミルク7

食育をきっかけに、保育園でも飲まれている「GREEN MILK」

商品開発の為に土から作っているというこだわりがあり、妊娠中、産後、子ども、お年寄りまで、幅広く安心でして飲める青汁です。

子供も楽しめる

グリーンミルク2

箱はBOX型になっていて、結構しっかりした素材になっています。

グリーンミルク3

で、ですねぇ。この牛の絵がかわいい使い終わった箱が、ペンやらハサミやら定規やら立てられるようなサイズ感なんです。文房具入れに最適とそんな使い方をするお母さんもいるみたいですよ。

もちろん、何を入れたって良いので色々楽しめます。

定期コースは初回でシェイカーがついてきます

グリーンミルク5

出来れば温かいもので溶かした方が溶けやすいのですが、定期コースだとシェイカーがついてきます。

シェイカーがあれば、冷たいものでもダマになりにくく混ぜやすいと思います。

グリーンミルク6
粉をなめると結構甘みがあります。苦み2の甘味8くらい。

飲みやすい?

グリーンミルク4

冷たい牛乳に混ぜてみました。

冷たいとちょっとだまになりやすいですね。しっかり混ぜると大丈夫です。

飲んだ瞬間は結構甘みがあります。飲み込むときに、のど辺りに苦みが来る感じがします。

ニオイも、青汁独特な青臭さは全くなく、好みはわかれるかもしれませんが、子どもでも飲みやすいんじゃないかな?と思います。

まとめ

妊娠中や授乳中は、食べ物や飲み物も何が良いか気になってしまいますよね?

ましてやつわりだったり、忙しくて食事が出来なかったりすることもあると思います。

そんなときは是非「GREEN MILK」の青汁を試してみてはいかがでしょうか。

通常:¥5000(税別)
定期:¥4200(税別)変更・休止自由

公式サイト:グリーンミルク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!